決意を述べる那賀郡の樫本主将(左端)=那賀町延野の相生体育館

 第62回徳島駅伝に出場する那賀郡選手団の結団式が29日、那賀町延野の相生体育館であり選手や役員ら約50人が健闘を誓った。

 団長の坂口博文町長が「百パーセントの力を発揮できるようしっかり体調管理し、前回の9位を上回る8位入賞を目指そう」と激励。樫本篤実主将(25)が「町民の皆さんの支援に感謝の気持ちを持って大会に臨む。一つでも上の順位を目指して精いっぱい頑張りたい」と決意を述べた。

 チームは30日と来年1月2日に合同練習を行い、本番に備える。