台風後で、渡船や遊漁船は出船を見合わせた。川も水位が高く濁りも残っており、釣果は確認できなかった。

 [波止]<今切川>25日、フカセ釣りのチヌ狙いは、6時から5時間、30~50センチを5匹。15時から3時間の人は35~48センチを3匹。同行の2人は30、45センチを各自1匹。ボラ、フグなどの餌取りが多いようだ。

 <旧沖洲突堤>25日、チヌ狙いは、9時から6時間、32~45センチを5匹。

 <中島港>25日、サビキ仕掛けのアジ狙いは、6時から2時間、10センチ前後を150匹。

 <中林港>24日、サビキ仕掛けのアジ釣りは、17時から2時間、10センチ前後を100匹。

 [イカダ]<ウチノ海>25日、フカセ釣りは、25~45センチのマダイ3匹。カカリ釣りは、20~25センチのチヌ10匹。サビキ仕掛けでアジ釣りは、3人家族が合わせて10センチ前後を20リットルクーラー満タン。(県釣連盟報道部)
 

 ■コラム

 この時期から冬にかけては、波止釣りが面白い。ルアーでのカマスやタチウオ、餌木を使いアオリイカ狙いも本格化する。フカセ釣りでは、チヌやグレなど。

 カマスやタチウオは、朝や夕まずめに活発に餌を食うようになる。県内では大潮回りがちょうどこの時間帯になり好釣果が期待できる。

 アオリイカは、日中は小型が多いようだ。チヌは、波気があり濁っていると活性が上がるので釣りやすくなる。グレ狙いは、餌取りをかわす技術を磨き、本格的な磯釣りシーズンに備えたいものだ。