徳島大学病院整形外科の西良(さいりょう)浩一教授が、高齢者に多い腰痛「脊柱管狭窄症(きょうさくしょう)」の治療法として、患者の負担が少ない局所麻酔での内視鏡手術法を開発した。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。