オープンした観光交流センターの藍染体験施設=美馬市脇町

 美馬市脇町のうだつの町並みに市が整備した観光交流センターが7日、オープンした。落成式があり、関係者ら約70人が新たな観光拠点の誕生を祝った。

 牧田久市長が「通過型観光地を滞在型に転化するため、にぎわいを生み出していきたい」などとあいさつ。市観光大使の假屋崎省吾さんらと共にテープカットした。フォーク歌手田山雅充さんのライブもあった。

 センターは、無農薬・無化学肥料の地元の農産物の料理が味わえる喫茶スペースをはじめ、藍染や和傘作りの体験施設、観光案内コーナーがある。東西の2棟は、江戸末期の建造とされる旧商家の部材を再利用した。総事業費は約1億7500万円。

 開館時間は午前9時(喫茶は同10時)から午後5時まで。体験は予約が必要。休館日は毎月第2水曜。