天日干しされるウミタナゴ=鳴門市鳴門町土佐泊浦

 鳴門海峡で捕れたウミタナゴなど冬の魚の天日干しが最盛期を迎えている。鳴門市鳴門町土佐泊浦の豊田商店では、背開きされた魚体がずらりと並んでいる。

 店の屋上や店先には地元の漁師が持ち込む旬のウミタナゴが干され、天日干しは1日で出来上がり。水温が高いせいか、冬場はあまり出回らないスズキも水揚げされるという。

 豊田ハナ子社長(67)は「海峡の急流でもまれた魚はどれもおいしいですよ」。ウミタナゴは店頭で1匹300円前後で販売されている。