優雅な歌声を披露する新国立劇場合唱団のメンバー=吉野川市の鴨島公民館江川わくわくホール

 新国立劇場合唱団の団員によるコンサート「ワンコインでクラシックを身近で楽しもう」が11日、吉野川市鴨島町の鴨島公民館江川わくわくホールで開かれ、約500人が優雅な歌声に聴き入った。

 メゾソプラノの立川かずささんら4人のオペラ歌手らが出演。2部構成で、前半は童謡「ふるさと」や合唱曲「落葉松」などをしっとりと歌い上げ、後半は来場者と一緒に東日本大震災復興支援ソング「花は咲く」を歌うなどした。地元の女性合唱団「コール・エ・コールかもじま」も出演した。

 コンサートは、昨年7月に立川さんが同市を訪れた際、指定管理者として鴨島公民館を運営する建設会社の社長と知り合ったのがきっかけで実現した。