スチールパンの柔らかな音色を響かせる「パンドル」のメンバー=徳島市の県立21世紀館

 徳島市の県立21世紀館で17日、「文化の森ニューイヤーコンサート」(同館主催)があり、家族連れら約300人がドラム缶で作られたトリニダード・トバゴ発祥の打楽器「スチールパン」の演奏を楽しんだ。

 県内の愛好者らでつくるスチールパンバンド「パンドル」の9人が出演。トリニダード・トバゴのカーニバル曲「バカナルレディ」をはじめ、「コーヒールンバ」「風になりたい」など計11曲を披露し、柔らかな音色を会場に響かせた。

 また、スチールパンの製作を手掛ける生田明寛さん(33)=兵庫県在住=が調律などのデモンストレーションを行い、来場者は楽器への理解を深めていた。

 初めてスチールパンの演奏を聴いた松下なのはさん(9)=国府小3年=は「とても楽しい雰囲気だった」と話した。