藍染を体験する子どもたち=徳島市多家良町の多家良保育所

 徳島市多家良町の多家良保育所で28日、藍染体験会があり、園児20人が参加した。多家良地区の若手農家でつくる生産団体「多家良インディゴーズ」が初めて開いた。

 インディゴーズのメンバーから藍の葉を見せてもらった後、藍染に挑戦。ビー玉やペットボトルのキャップなどをくるんだTシャツを染液に漬けた。藍色のTシャツは10月の運動会で着用する。松崎咲愛ちゃん(6)は「うれしかった。青くなってびっくりした」と話していた。

 体験会は、地区で生産される藍のPRに取り組むメンバーが、地元の子どもに藍の魅力に触れてもらおうと企画した。