雪が積もり始めた県道や家々=23日午後5時ごろ、三好市井川町井内西

 徳島県内は23日、冬型の気圧配置が強まった影響で、三好市などの山間部を中心に雪が断続的に降り始めた。24日未明から大雪となる恐れがあり、徳島地方気象台は県北部や那賀、勝浦両町などの多い所で同日午後6時までの24時間に15~20センチの積雪があると予想している。気温も上がらず、三好市池田町は最高気温が0度未満の「真冬日」となる見込み。

 気象台によると、24日は四国の上空約1500メートルに氷点下12度以下の強い寒気が流れ込む。午後6時までの24時間降雪量は多い所で北部の山地20センチ、平地10センチ、南部の山地15センチ、平地5センチと予想。雪は25日朝まで断続的に降り続く。

 24日は日中の気温も上がらず、予想最高気温は三好市池田町が氷点下2度、徳島市1度。池田町では今季初の真冬日となりそう。各地で気温が0度を下回る時間が長く、一日を通じて路面凍結に注意する必要がある。

 風も次第に強まり、24日夜には南部の海上でしけとなる見込み。最大瞬間風速は北部、南部とも海上で30メートル。波の高さは北部3メートル、南部4メートル。

 羽田空港周辺は23日午後から悪天候となり、徳島阿波おどり空港を発着する便に乱れが出た。全日空の午後4時55分東京発徳島行き(予約客41人)と、折り返しの同6時55分徳島発東京行き(40人)が欠航。24日の欠航は決まっていない。

 気象台は県内各地に大雪や風雪、雷などに関する注意報を出し、「積雪や路面の凍結による車の立ち往生や農業施設の管理などに注意してほしい」と呼び掛けている。