華やかな音色を奏でる出演者=徳島市の徳島城博物館

 新春恒例の「箏・尺八合同弾き初め会」が24日、徳島市の徳島城博物館であり、家族連れら40人が華やかな演奏を楽しんだ。

 和楽器教室「徳島箏曲スタジオ」のメンバーら6~91歳の男女17人が、「春の海」「わらべ唄」など14曲を披露。三味線や十七弦も加わり、みやびな音色を会場いっぱいに響かせた。

 昨年に続いて箏を演奏した徳島市の佐藤蒼輔ちゃん(6)は「お客さんとの距離が近くて緊張した。たくさん練習してもっと上手になりたい」と話した。