[波止]<小松島港沖ノ一文字>29日、赤灯付近では、午前中に赤アミを餌にサビキ仕掛けで12~14センチのアジ約300匹。

 <赤石東ふ頭>29日、午後から赤アミを餌にサビキ仕掛けで、10~14センチのアジ約50匹。早朝キビナゴを餌にタチウオを狙った人が、指幅2本を主体に15匹。28日は日没後に指幅3~3本半を3匹。

 [潮入り川]<吉野川>28日、10時から6時間、右岸から沖アミを餌にフカセ釣りをした徳島市の人が、42~57センチのチヌ5匹と30~35センチのキビレ3匹。

 [イカダ]<ウチノ海>29日、堂浦のカセでサナギやネリ餌を使いカカリ釣りをした人が、25~38センチのチヌ25匹。別のカセでも同型が10匹上がっていた。ヤカタで赤アミを餌にサビキ仕掛けを使った人は、12~14センチのアジ約300匹。

 [磯]<高知・甲浦>29日、波は穏やかで水温26・9度。エボシで、40センチのイサギ1匹と27~34センチのグレ4匹。千畳バエで40センチのイシガキダイ1匹。

 [友釣り]<勝浦川>29日、水位は少し下がったものの、本流は平水時より20センチ高く、濁っている。しかし、残りゴケを探ればアユは魚影が濃いようだ。沼江で阿南市の人が18~22センチを73匹と好釣果。横瀬で6時から7時間サオを出した人は、同型を28匹。同所で午後から入った人が17匹。同所と今山周辺の2カ所で釣った人は36匹。

 <高知・野根川>29日、コケは少なく水位も高い。10時から5時間かけ、18~24センチのアユ23匹。

 <高知・仁淀川>28日、本流は水位が高い。支流の上八川川で阿波市の人が15~20センチのアユ71匹。同行の人も同型を62匹。(県釣連盟報道部)