[磯]<中林>1日、北の風が少し吹いたが波は穏やか。昼前から雷が鳴り出したため12時ごろ納竿した。エンバエ東で阿南市の人が35~37センチのチヌ4匹と23~25センチのマダイ6匹、28センチのアイゴ1匹。

 <高知・甲浦>1日、曇のち雨で11時20分ごろは激しく降った。少し波があり水温27~28度。銀座バエで底物を狙った徳島市の人が37~53センチのイシダイ4匹と30~33センチのイシガキダイ3匹。フカセ釣りをした人は30~39センチのグレ3匹と33センチのフエダイ1匹。

 [イカダ]<高知・甲浦>1日、1号で30~39センチのグレ3匹と25~33センチのアイゴ4匹。

 <ウチノ海>31日、ヤカタでカカリ釣りをした人が20~36センチのチヌ40匹。別のヤカタではサビキ仕掛けで10~13センチの小アジ300匹。

 [波止]<辰巳北突堤>1日、水潮気味で濁りがあった。小雨がぱらつく中、13時半から4時間ほど沖アミを餌にアイゴを狙った人が23センチを1匹と同型のチャリコ1匹、15~22センチのガガネ13匹。小型のガガネは多数、チャリコ数匹は再放流した。表層には数匹のボラが居たが餌盗りは全くおらず深く探るとガガネのアタリがあった。数日前には数多くのアイゴが確認できたので潮が澄み、照り込んだら食い出すだろう。

 <恵比須浜>1日早朝、アジを餌に取り込みにはヤエンを使い0・3、0・5キロのアオリイカ2匹。

 <高知・甲浦>1日早朝、岸壁でアジを餌にサオを出した人が1・2キロのアオリイカ1匹。

 <鳴門>31日、島田島で日没後の1時間半ほど鳴門市の本間大地さんが釣ったイワシを泳がせて指幅2本半のタチウオ7匹。大きな群れが入ってきたのか、水面近くで餌を捕食する姿も多数確認できた。

 <答島港>31日、薄濁り。ちぎれた海藻が流れ、道糸やハリスに絡み釣りづらかった。岸壁の中央より少し西側で8時から6時間ほどサオを出した阿南市の和田耕一さんが25センチのキビレ1匹と41、46センチのチヌ2匹。足元のスリットへ入られ取り込めなかった大型のアタリが1回あった。同行の人は30センチを4匹。

 [潮入り川]<岡川>31日、左岸で6時から4時間ほどサオを出した人が市販の加工沖アミを餌にハリス0・8号チヌバリ1号でウキ下7ヒロでサシ餌を底にはわせるようにして23センチのチヌ1匹。釣り始めは餌取りも居なかったが8時ごろから引きの潮と東の風が吹き出し二枚潮になったが、仕掛けが安定し出した。70センチ級のボラのアタリがあるようだ。 

              (県釣連盟報道部)