パリ公演プレイベントで華麗に舞う踊り子たち=2015年10月、パリのヴォージュ広場(阿波踊りパリ公演実行委提供)

 2016年に計画されていた阿波踊りのフランス・パリ公演が9月23~25日に開かれる見通しとなった。当初は5月に予定されていたが、15年11月にパリで発生した同時多発テロなどの影響で延期された。日仏の関係者でつくる実行委員会が4月に正式決定する。

 出演するのは、県阿波踊り協会と阿波おどり振興協会から選抜された踊り子ら約60人。15年9月30日~10月2日にパリで開かれたプレイベントの約30人から倍増する。

 会場はプレイベントの時と同じく、パリ中心部にあるヴォージュ広場などを予定している。ステージに加え、物産市も充実させる。

 パリ公演は、フランス人ジャーナリストのレジス・アルノーさんが阿波踊りに感動し、「海外に紹介したい」と発案した。もともと15年5月に計画されていたが、同年1月にパリで起きた風刺週刊紙本社襲撃事件の影響で1年延期となり、さらに同時多発テロの余波を受けた。

 現在もパリでは警戒態勢が続いているが、実行委は安全面について協議を重ね、9月に本公演を開くことにした。今後、イベント内容の詳細を煮詰めていく。