[イカダ]<ウチノ海>6日、カカリ釣りで沖アミとネリ餌、サナギをローテーションし20~40センチのチヌ29匹。別の人はサナギで20~42センチを22匹と28センチのキビレ1匹。別のヤカタでは22~37センチのチヌ14匹。小鳴門海峡付近のカセでも34~40センチを6匹。

 <宍喰>6日、阿南市の佐藤夢海渡さんが黄色の加工沖アミとネリ餌をローテーションし、ハリス1・2号にチヌバリ2・5号と3号を使い分け、ウキ下4~5ヒロで33~50・5センチのチヌ6匹と47センチのキビレ1匹、35~45センチのヘダイ5匹。同行の人は38~49センチのチヌ9匹と45センチのヘダイ1匹。朝は活性が低かったが、潮が高くなるとアタリが多くなった。大型のチヌらしきアタリがあったものの、数回バラシがあった。

 [波止]<粟津漁港>5日、16時から2時間、沖アミを餌にフカセ仕掛けで徳島市の人が、30~40センチのチヌ3匹と25~40センチのキビレ5匹。

 <沖洲>6日、早朝から3時間、赤アミを餌にサビキ仕掛けで12~14センチのアジを各20~40匹。10センチ前後のイワシの回遊があった。別の人は釣ったイワシを餌に40~45センチのセイゴ3匹。15時から2時間、河口付近の岸壁でも12~14センチのアジを各80~100匹。

 <津田沖ノ一文字>6日、コーナー周辺で徳島市の人が沖アミを餌にフカセ仕掛けで33~47センチのチヌ13匹。ウキ下4ヒロ前後でアタリがあった。別の人は30~38センチを5匹。

 <小松島港沖ノ一文字>6日、中央周辺でフカセ仕掛けで38、40センチのチヌ2匹。

 <和田島漁港>6日、16時から2時間、赤アミを餌にサビキ仕掛けで10~14センチのアジ100匹余り。周辺でもよく似た釣果。5日、早朝からキビナゴを餌に指幅2本のタチウオ6匹。別の人は沖アミを餌にフカセ仕掛けで18~20センチのグレ8匹。

 <和田島大手海岸>6日、13時から2時間、沖アミを餌にフカセ仕掛けで35センチのヘダイ1匹と50センチ前後のボラ3匹。

 [船釣り]<伊島沖>6日、水温24~25度で穏やかだった。水深40~50メートルの場所で68、71センチのメジロ2匹と65センチのマダイ1匹、28~33センチのイサギ20匹余り。別の船は水深50メートル前後の場所で60~63センチのメジロ3匹と34センチのヒラメ1匹、30センチ前後のイサギ11匹。先日の台風の影響で水潮気味で活性が低かった。(県釣連盟報道部)