奥祖谷二重かずら橋(手前)とワラグロ(左奥)を表現した作品=三好市池田町の市池田総合体育館

 県西部の風景をモチーフにした生け花展「遊山」が26、27の両日、三好市池田町マチの市池田総合体育館で開かれる。奥祖谷二重かずら橋(同市)や、稲わらを積み重ねて肥料にする伝統の「ワラグロ」などを表現したユニークな作品を展示する。

 嵯峨御流華道池田司所(釋子道甫(しゃくしみちほ)司所長)の創立75周年記念イベントで、会員107人が50点を出品。

 かずら橋は、シラクチカズラで長さ4メートルの「橋」を作り、その横に人の字のように組み合わせた竹を配置し、「人の和」を表現した。彩りを添えるレンギョウと共に「迎え花」として体育館前に展示する。ワラグロは3体あり、周囲に菜の花を並べた。いずれも三好市の住民がボランティアで制作を手伝った。

 このほか、山桜やシダレザクラ、ヒガンザクラといった旬の花材や竹を使い、大歩危峡(同市)や美濃田の淵(東みよし町)などをイメージした作品も並べる。ミツマタやシラクチカズラなど、同市を代表する植物も紹介する。そば米雑炊やジビエ料理などの販売コーナーもある。入場無料。