満開のシダレザクラに囲まれて昼食を楽しむ見物客ら=鳴門市鳴門町の「花見山・心の手紙館」

 鳴門市鳴門町の観光施設「花見山・心の手紙館」の敷地内で、シダレザクラ約350本が満開となり、見物客でにぎわっている。見頃は7日まで。

 標高約40メートルの山頂にある施設までの道沿いや休憩スペースで、シダレザクラが黄梅などと色鮮やかに競演。見物客は写真に収めたり、腰を下ろして昼食を楽しんだりし、春のひとときを満喫していた。

 徳島市から友人2人と訪れた河野禎之さん(78)は「鳴門海峡が見渡せる景観も見応え十分です」と笑顔で話した。