2016年12月21日 午後2時11分
【上】県が開発した促成イチゴの新品種「阿波ほうべに」【下】広く普及しているさちのか。阿波ほうべにの方が果皮の色が明るく、果肉は白い(いずれも県立農林水産総合技術支援センター提供) » 記事に戻る
コロナ禍での活動方針を話し合う髙橋会長(中央)ら=徳島市の徳島地方法務局 » この写真の記事へ
発売が始まった年賀はがきを購入する来店客(左)=徳島市の徳島中央郵便局 » この写真の記事へ
「阿波和三盆糖には哲学がある」と話す籔さん=東京都渋谷区の全国和菓子協会 » この写真の記事へ
モラエスを写真などで紹介する展示会=徳島市シビックセンター » この写真の記事へ
ボランティア(手前左)から野菜や米を受け取る学生=徳島市応神町の四国大 » この写真の記事へ
ハロウィーンイベントに備えてトラックの飾り付けをする青年部員=小松島市櫛渕町 » この写真の記事へ
小松島西高70周年記念式典で開かれた生徒によるファッションショー=小松島市立江町の市立体育館 » この写真の記事へ
関連記事
おすすめ