連載「孤立する家族」
 親が子を、子が親を殺害する事件が徳島県内で相次いでいる。裁判記録などから事件の背景を探ると、障害のある子どもの介護・看病疲れや将来への不安を抱えながらも、相談相手がおらず社会から手を差し伸べられることもない「孤立した家族」の存在が浮かび上がってくる。家族に何が起きているのかを考える。
社会にも責任の一端 他者の苦しみに想像力を~連載「孤立する家族」6
母一人で問題抱える 公営住宅に親しい人不在~連載「孤立する家族」5 
境界知能 支援少なく 父、娘の苦悩を理解しきれず~連載「孤立する家族」4 
父と2人 関係きしむ 娘、相談相手なく思い詰め~連載「孤立する家族」3
娘、体調悪化で希望失う 通院拒否「楽になりたい」~連載「孤立する家族」2 
障害ある娘 懸命にケア 母、懇願され悲しい決断~連載「孤立する家族」1 
おすすめ