人間ベートーベン第九苦悩から歓喜へ
 今年はベートーベン生誕250周年。「第九」アジア初演の地が鳴門であることから、県内では演奏会や交流の歴史に焦点が当てられる機会は多いが、ベートーベンの人間像についてはあまり触れられてこなかった。ドイツ文学者で放送大学徳島学習センター所長の石川榮作さんに「人間ベートーベン」の人生を随時、つづってもらう。
おすすめ