物忘れや周囲の状況が理解できなくなり、日常生活に支障を来す認知症。7年後の2025年には700万人を超えると予想されており、高齢者の5人に1人が認知症という時代が目前に迫っています。本人や家族、医療・介護関係者らの声に耳を傾け、認知症になっても安心して暮らせる社会の在り方を徳島から考えます。

 

■連載ともに生きる 認知症700万人の時代 第1部「家族の思い」

■連載ともに生きる 認知症700万人の時代 第2部「当事者の願い」

■連載ともに生きる 認知症700万人の時代 第3部「寄り添う医療」

■連載ともに生きる 認知症700万人の時代 第4部「全国の先進事例 介護編」

■連載ともに生きる 認知症700万人の時代 第5部「全国の先進事例 医療編」

■連載ともに生きる 認知症700万人の時代 第6部「インタビュー編」