高校スポーツ特集

画像をクリックすると記事が読めます。

熱戦を充実の写真で振り返る。写真特集はこちらから

 第99回全国高校サッカー選手権(12月31日~来年1月11日)の組み合わせ抽選が行われ、3年連続18度目の出場となる徳島県代表の徳島市立は初戦の2回戦で前回4強の矢板中央(栃木)と対戦することが決まった。試合は1月2日午後2時10分からニッパツ三ツ沢球技場(横浜市)で行われる。

⇨徳島市立、全国大会まとめ

 
 バスケットボールの第73回全国高校選手権徳島県予選最終日は11月3日、サンフラワードーム北島で男女の決勝が行われ、男子は海部が3連覇。女子は富岡東が2年ぶりの栄冠に輝いた。男子・海部と女子・富岡東は、全国選手権(12月23~29日・東京体育館ほか)に出場する。
 
 ラグビーの第100回全国高校大会徳島県大会最終日は11月15日、徳島市球技場で決勝が行われ、ノーシードから勝ち上がった城東が4年連続16度目の優勝を果たした。全国大会(12月27日開幕・東大阪市花園ラグビー場)出場は14度目となる。
 
 バレーボールの第73回全日本高校選手権徳島県予選最終日は11月7日、サンフラワードーム北島で男女の決勝が行われ、男子は城東が3年ぶり6度目の王座に輝き、女子は城南が2年連続12度目の優勝を飾った。男子城東と女子城南は全日本選手権(来年1月5~10日・東京体育館)に出場する。
 
 高校駅伝の第71回男子、第32回女子全国大会徳島県予選は11月1日、鳴門大塚スポーツパーク周回コースで行われ、男子はつるぎが2年ぶり29度目(旧貞光工、旧美馬商を含む)の優勝を果たした。女子は富岡東が15年ぶり9度目の頂点に立った。両校は全国大会(12月20日・京都市)に出場する。