マスクを作ってみよう

 新型コロナウイルスの感染拡大で、県内でもマスクの品薄状態が続いている。そんな時、市販品がなくても手作りできれば安心だ。徳島市のハンドメード作家福島宏子さんに立体マスクの作り方を聞いた。
 [準備するもの]使い古しのマスク、生地の薄いハンカチ(ハンドタオルは息苦しくなるので適さない)

❶使い古したマスクの端から2センチくらい切り目を入れてワイヤを取り出す
 
❷ゴムの付け根を1センチ角で切り取り、左右1対を用意する
 
❸ハンカチを半分に折り、さらに3分の1内側に折ったところにワイヤを置く
 
❹ワイヤを固定するように縫う
 
❺ワイヤの入っていない左右の辺にひだを付け、糸で止める
 
❻あらかじめ切っておいたゴムを、ひだのある方に差し込み縫い付ける
 
❼左右にゴムを縫い付けると出来上がり
 
 
 

 [アドバイス]ワイヤは食パン用の留め金でも可。ゴムは手芸用やヘアゴムでもいい。汚れれば洗濯して何回でも使える。マスクは柄面を表にして使うとおしゃれにもなる。

マスクの作り方(動画)=徳島県教委ホームページより

 
主なマスク関連記事
    ○政府の布マスク配布に466億円(4月9日19時02分)