本紙文化面の連載記事をまとめたもの。徳島大学総合科学部の依岡隆児教授がお気に入りの本を選び、その魅力などを記したエッセーで、2001年4月のスタート以来、既に117回を数えています。このうち、第1回の「大学に入る君たちに」から93回分までを1冊にまとめました。ストーリー紹介にとどまらず、自らの体験と絡め、作家の思想や作品の本質、時には時代精神にまで踏み込んでいます。

  • 内容 寺田寅彦随筆集、谷崎潤一郎「陰翳礼讃(いんえいらいさん)」、フィッツジェラルド「グレートギャツビー」、森鴎外「うたかたの記」、モラエス「徳島の盆踊り」、芥川龍之介「トロッコ」村上春樹「海辺のカフカ」、瀬戸内寂聴「花に問え」「場所」、賀川豊彦「死線を越えて」、カミュ「異邦人」、北杜夫「どくとるマンボウ青春記」などを紹介。文学の名著・名作にとどまらず、科学エッセーや哲学書、歴史書、伝記まで幅広く取り上げている
  • 体裁 A5判、無線とじ、216ページ
  • 定価 本体2000円+税
  • 取扱店 県内主要書店、徳島新聞各販売店、徳島新聞メディアお客さまセンター
  • 問い合わせ 徳島新聞メディアお客さまセンター<電088(655)7340>