◆入賞作品の展示 12日から次回展示日まで石井町高川原のフジグラン石井2階。
応募点数:241

特 選


新年を迎える

島田賀代(12月25日・鳴門市)
 拝殿にかけられたしめ縄と手を合わせる人を、露出を切り詰め、ほのかな明かりの中で浮かび上がらせています。厳かな場所で緊張感のある空気を感じさせる作品です。

入 選


福を招く

福原満男(12月29日・小松島市)
 水滴を利用した面白い作品です。いささか作りすぎた感じもしますが、背景にぼけた招き猫の色があることで、水滴に映る招き猫が強調される効果も生み出しています。


入 選


鉄道の夕景

大森孝克(12月9日・徳島市)
 夕日を浴びて光りながら真っすぐ延びる線路が印象的な作品です。踏切を横切る自転車の親子連れもいいアクセントになっています。光線状態を見極めながら、いい瞬間を捉えています。


入 選


冬支度

松浦達也(12月11日・三好市)
 山間部でよく見かけるカヤグロ。冬を前に作られますが、その作業をうまく撮影しています。草を食(は)むヤギから牧歌的な山村風景のように見えますが、厳しい冬の到来も同時に物語る秀作です。


入 選


準備万端

団芳男(12月18日・海陽町)
 寺の本堂と階段を、広角レンズを使ってパンフォーカスとし、シンメトリー構成でまとめています。奥行きのある画面配置がうまい写真だと感じました。竹の灯ろうの中のローソクもいい感じです。