「さくらそう」(1991年)
「さくらそう」(1991年)

 女性洋画家の草分けとして活躍した深沢紅子(1903~93年)の手掛けた野の花の絵を一堂に集めた企画展。1970年以降に制作した水彩画を中心に、深沢紅子野の花美術館軽井沢(長野県)が所蔵する人気の作品約80点が並ぶ。

 深沢は盛岡市生まれ。12歳から日本画を学び、1919年に東京の女子美術学校に入学。21年、油絵に転向し、岡田三郎助の門下生になった。25年には第12回二科展に初出品し、女性で唯一入選。41年に第5回一水会展で一水会賞。47年、女流画家協会の創立に参加し、委員になった。

 代表作の一つ、59年の「立てる少女」は東京国立近代美術館に収蔵されている。60年代から軽井沢の別荘で夏を過ごし、水彩で高原の草花を描くようになった。

開催日時
4月23日(土)~6月12日(日)
開催場所
相生森林美術館 (徳島県那賀郡那賀町 横石大板34) <屋内>MAP
料金
一般(高校生以上)550円 中学生以下無料
最新イベント
徳永真一郎・浅井久視子ジョイントコンサート
「野球と人生のマネジメント」 智辯学園名誉監督・髙…
ピアノ・ヴィオラで奏でる午後
県立文書館 逸品展「町場の古写真」
県立近代美術館 特別展「カミのかたち」
小曲俊之トランペットリサイタル
相生森林美術館 春の企画展「深沢紅子展 -野の花に…
県立博物館 企画展「阿波の画壇をたのしむ―近世の画…
徳島市立徳島城博物館 春の特別展「真言宗御室派の寺…
瀧川鯉斗独演会
おすすめ