「『蘭亭集』より2首」(部分、1896~1911年)
「『蘭亭集』より2首」(部分、1896~1911年)

 明治の三筆の一人といわれる書家中林梧竹(1827~1913年)の作品に焦点を当てた企画展「中林梧竹―館蔵の逸品」が、徳島市の県立文学書道館で開かれている。収蔵する梧竹の書376点の中から、同館の開館20周年にちなみ、えりすぐりの20点を紹介し、梧竹の書の魅力と芸術性を探っている。

開催日時
6月14日(火)~9月25日(日)
開催場所
徳島県立文学書道館 (徳島市中前川町2丁目22-1 ) <屋内>MAP
料金
一般:310円 高校・大学生:200円 小・中学生:100円
お問い合わせ
徳島県立文学書道館 088(625)7485
「天照皇太神」(1911年)
「天照皇太神」(1911年)
「自作詩 六月十日遊吉祥寺」(1911年)
「自作詩 六月十日遊吉祥寺」(1911年)
最新イベント
徳島城博物館 夏の企画展「蜂須賀家の名宝2-徳島藩…
音楽とおはなしでつづる ヘンゼルとグレーテル チャ…
県立文学書道館 文学特別展「原田一美―子供たちへの…
劇場版「鬼滅の刃」無限列車編上映会
ガラスの魅力 徳島ガラススタジオ作品展
すえドンの各駅停車 -須恵泰正鉛筆画展-
おもしろ科学実験 8月後半 阿南市科学センター
入船亭扇遊・入船亭扇蔵おやこ会
通崎睦美 木琴・リサイタル~木琴日和 市民コンサー…
岡田花奏ピアノ&エレクトーンコンサート
おすすめ