配信元:共同通信PRワイヤー

WeDo TechnologiesがTMF AsiaでBusiness Assurance Marketplace Catalystを紹介

AsiaNet 76230 (2094)

【ワシントン2018年11月12日PR Newswire=共同通信JBN】収益保証と不正管理の世界的リーダーであるWeDo Technologiesは、11月13日から15日までマレーシアのクアラルンプールで開催されるTM ForumのDigital Transformation Asiaで、Open AI Business Assurance Marketplace Catalyst Project(オープンAI事業保証マーケットプレース・カタリストプロジェクト)を紹介する。TM ForumのOpen AI Business Assurance Marketplace Catalyst Projectは、事業保証、収益保証、不正管理を提供するWeDo Technologiesとともに、BT、ドイツテレコム、Orangeが推進している。

(Logo: http://mma.prnewswire.com/media/460947/WeDo_Technologies_Logo.jpg
(Photo: https://mma.prnewswire.com/media/782539/WeDo_Technologies.jpg

WeDo Technologiesの製品マーケティング&アナリスト関係担当のカルロス・マルケス氏は「新しいサービスおよびサポーティング技術がリリースされており、WeDo Technologiesは、5Gネットワークの急増に伴い増大するIoTサービスで生じる固有のリスク管理課題を解決することに重点を置いている。このCatalystによって、われわれはその他の市場参加者をはじめ世界最大のキャリア数社とともに技術革新を進めることが可能になり、総決算に注力するだけでなく最終顧客体験にも注力する事業保証の課題の解決に役立つ。増大するサブスクリプション不正や偽のアイデンティティーの脅威を防止することから、キャリアが得意先を特定し見返りを与えるために使用できるツールの提供まで、あるいは新しいIoTサービスのビルショックを防止することによって、われわれはサービスプロバイダーが収益性の増大とセキュアな未来によって成功するために必要とするテクノロジーに大幅投資している」と語った。

TMF Digital Transformation Asiaで、WeDo TechnologiesはOpen AI Business Assurance Marketplace Catalyst Projectの中核となるイノベーションを展示する。Open AI Business Assurance Marketplaceはデジタルエコシステム・マーケットプレースを通じて、デジタルサービスプロバイダーが最善の事業保証サービスとベンダーの組み合わせを選択、設定することを可能にする。事業保証マーケットプレースによって、デジタルサービスプロバイダー(DSP)は柔軟に事業保証コントロールを選択でき、新しいサービスすべてに高度な保護を提供してDPSがコストを節約し不正を撲滅することを可能にする。これが重要なのは、5GおよびIoTの普及が進み、新しくて異なるソースの不正行為が登場しているからである。

WeDoのUser Group Americasで明らかにされた最新の調査は、IoTおよびIPトラフィックが最大の不正であり、今日のDSPに悪影響を与える収益損失の痛点であることを示した。このリスクに対処するため、WeDo Technologiesは人工知能(AI)と機械学習を活用する高度な不正検知と収益保証の防備の必要性を提唱している。

収益損失や不正行為の検知および防止におけるAIの進展は、2019年1月23日から24日までマレーシアのクアラルンプールで開催される次回WeDo User Group Conferenceで話し合われる主要議題である。シスコによると、IPトラフィックは2015年から2020年にかけアジア太平洋地域で3倍に増大し、この地域のDSPが備えなければならない収益保証および不正管理の迫りくる課題を明示している。WeDo Technologies User Group Conferenceの登録はウェブサイト https://www.wedotechnologies.com/en/events/ で。

▽WeDo Technologiesについて
2001年創設のWeDo Technologiesは、リスク管理ソフトウエアソリューションによる収益保証(https://www.wedotechnologies.com/en/products/risk-management/revenue-assurance/ )と不正管理(https://www.wedotechnologies.com/en/products/risk-management/fraud-management/ )で世界市場をリードしている。

WeDo Technologiesは、世界中の通信オペレーターおよび通信サービスプロバイダーにソフトウエアと専門的コンサルティングを提供している。同社は現在、108カ国に200以上の顧客を抱え、600以上の高度に熟練した専門家のネットワークを維持している。同社は、米国、欧州、アジア太平洋、中東、アフリカ、中南米の世界各地にオフィスを構えている。

WeDo Technologiesのソフトウエアは、大量のデータを分析してプロセスの監視、制御、管理、最適化を可能にし、収益保護とリスク軽減を保証する。

世界有数の優良企業を含む200社を超える顧客を抱えるWeDo Technologiesは、継続的な変革の旅を続ける顧客の成功を保証する不断のイノベーターとして、長年にわたって認められてきた。

WeDo Technologies. Know The Unknown.

http://www.wedotechnologies.com

最新ニュースは、@WeDoNews で。

▽問い合わせ先
QUEXOR GROUP INC.
Barbara Henris
bhenris@quexor.com
Mob.: +1(703)470-9446

WeDo Technologiesの一般広報および企業広報は以下まで。
Inez Correa de Sa
inez.sa@wedotechnologies.com
Mob.: +351-939-650-788

ソース:WeDo Technologies

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、ニュースリリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースの製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは各ニュースリリース配信までご連絡ください。製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。