配信元:@Press

株式会社PALTEK(本社:横浜市港北区、代表取締役社長:矢吹 尚秀、証券コード:7587、以下PALTEK)は、2018年11月20日(火)から22日(木)に東京ビッグサイトで開催される「HOSPEX Japan 2018」の未病改善プロジェクト(メディスポ)に出展し、作業支援ウェアラブルロボット「マッスルスーツ(R)」や乳幼児の呼吸見守りセンサー「IBUKI」などを展示します。
HOSPEX Japan は、今年で47回目を迎える「日本医療福祉設備学会」という歴史のある学会の併設展示会として開催されている医療・福祉分野の展示会です。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/171168/LL_img_171168_1.png
HOSPEX Japan 2018「未病改善プロジェクト」ロゴ

● HOSPEX Japan 2018 の概要
展示会名: 未病改善プロジェクト(メディスポ)
開催日時: 2018年11月20日(火)~22日(木) 10:00~17:00
会場 : 東京ビッグサイト 東1ホール
(PALTEKブースは、1A-110-9)
主催 : 一般社団法人日本能率協会
URL : https://www.jma.or.jp/hospex/project/index.html

● 主な出展品目
> 作業支援ウェアラブルロボット「マッスルスーツ(R)」
東京理科大学発ベンチャーの株式会社イノフィスが開発したマッスルスーツ(R)は、空気で稼働する“人工筋肉”によって、装着者の動作をアシストし、人や重い物を持ち上げる、中腰姿勢を続けるといった、身体に負担のかかる作業をする際の動作をアシストし、作業負担を軽減させるとともに、腰痛予防に貢献します。

マッスルスーツ Edge
https://www.atpress.ne.jp/releases/171168/img_171168_2.jpg

「マッスルスーツ製品」の詳細は、以下のウェブサイトをご覧ください。
https://www.paltek.co.jp/products/innophys/index.html


> 呼吸見守りセンサー「IBUKI」
株式会社リキッド・デザイン・システムズが開発した呼吸や体動を監視するバイタルセンサーを用いた「IBUKI」は、iPadで呼吸や体動をモニタリングしながら乳幼児の睡眠を見守ります。現在は、保育施設のお昼寝中の安全対策の強化や保育士の心理的負担を軽減するための補助ツールとして活用されています。iPad1台で乳幼児の睡眠状況を12人同時に見守ることができるため、異変を速やかに知ることができ、もしもの時にも素早い対応をすることが可能となります。
今後は産婦人科など、医療機関への導入を視野に入れております。本展示会では、「IBUKI」のデモンストレーションを行いますので、ぜひお立ち寄り下さい。

呼吸見守りセンサー「IBUKI」
https://www.atpress.ne.jp/releases/171168/img_171168_3.png

呼吸見守りセンサー「IBUKI」の詳細は、以下のウェブサイトをご覧ください。
https://www.paltek.co.jp/products/lds/


●株式会社PALTEKについて
PALTEKは、「多様な存在との共生」という企業理念に基づき、お客様にとって最適なソリューションを提供することで、お客様の発展に貢献してまいります。
PALTEKに関する詳細は、 https://www.paltek.co.jp をご覧ください。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、ニュースリリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースの製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは各ニュースリリース配信までご連絡ください。製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。