配信元:@Press

・株式会社JR東日本ウォータービジネス(本社:東京都品川区、代表取締役社長:竹内健治)は、『イノベーション自販機と acure pass<アキュアパス>』において、世界3大デザイン賞のひとつと称される「iF デザインアワード2019」のプロダクトデザイン部門受賞作品に選出されました。
・「2017年度グッドデザイン賞」「2018年度DFA アジアデザイン賞Silver Award」と合わせて、国内外の有力プロダクトデザイン賞3冠を達成しています。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/180070/img_180070_1.png
1.受賞した各プロダクトデザイン賞
(1)iF WORLD DESIGN GUIDE
Innovation Vending Machine
https://ifworlddesignguide.com/entry/248073-innovation-vending-machine
(2)DFA Design for Asia Awards Winners ー 2018
Innovation Vending Machine
https://dfaa.dfaawards.com/winner/
(3)Good Design Award
自動販売機およびスマートフォンアプリ [イノベーション自販機・acure pass<アキュアパス>]
https://www.g-mark.org/award/describe/45540

2.受賞したイノベーション自販機のデザイン
プロダクトデザインは西村ひろあき氏(プロダクトデザイナー / 西村拓紀デザイン株式会社 代表取締役)、
プロダクトデザインプロデュースは坂井直樹氏(コンセプター / 株式会社ウォーターデザイン 代表取締役)、
アプリケーション/ サイネージの企画・デザイン・開発はチームラボが担当しました。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/180070/img_180070_3.png
3.イノベーション自販機とは
イノベーション自販機はJR東日本の駅構内に設置された最新型自動販売機です。スマートフォンアプリ「acure pass(アキュアパス)」と連動して、購入した商品のQR コードをかざすと購入済の商品一覧が自販機に表示され、タッチして欲しい商品を受け取ることができます。従来にはない“驚き”や“興奮”といったアクティブな感情を突き動かす新たな買い方や体験を提供することで、自販機が「人と人をつなぐ」新しい関係を創り出します。



今回プロダクトデザイン賞3冠を達成したデザインの自販機は、2016年3月に先行リリースした20台限定の自販機です。「acure pass」に対応した自販機は、2019年中に約400台程度、東北信越エリアを含む東日本エリアに設置される予定です。
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/180070/img_180070_2.png
【イノベーション自販機の特徴】
・10 メーターズ・アイコニック
デザインのコンセプトは、今までとは全く異なる購買体験をお客さまに提供していることを伝えるために、”10 メーターズ・アイコニック”、すなわち「10m 先から見てもわかる新しい自販機の形」としています。一般的な自販機よりも大きく黒い色をしているほか、ディスプレイも長方形ではなく正方形に近づけることで、自販機のアイコン性を崩しています。

・操作しやすい決済部
手前の決済部は傾斜状にすることで目立つことはもちろん、スマホなどやIC カードなどのフラットな形状のものも手首を捻らずにタッチしやすくなっています。また決済部はスマホを当てると光るので、初めてのお客さまでも安心して操作できます。さらに一般的な自販機に付いている小銭の投入口や返却口がなく、開閉扉の鍵穴も正面から側面に移したことで、これまでの自販機とは違う印象を与えています。

・低位置メニュー機能
自販機の高さは約 2.1m と従来の自販機と比べて、大きいサイズとなっていますが、お子さまや車椅子のお客さまにもご利用いただけるように低位置メニュー機能を設けています。左下にある低位置メニューのボタンを押すと中央下部に別ウィンドウが表示され、商品を見上げることなく選択することができます。

・アプリと連動した新しい購買体験
アプリと連動することで、個人間の商品プレゼントや、アプリを通じた試飲キャンペーンなど、これまでの自販機にはない新しい体験や施策も可能です。買い物をより便利にするだけではなく、新たなコミュニケーションツールとしても活用することができます。

< 別 紙 >
画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/180070/img_180070_4.png
【西村ひろあき氏 プロフィール】
パナソニック株式会社を経て2013 年に西村拓紀デザイン株式会社設立。プロダクトデザインを基軸に大手企業の新型製品開発やベンチャー企業・町工場との協業プロジェクトなど様々なデザイン事業を展開。
グッドデザイン賞10件、iF product design award6件、Design Intelligence Award Global Top22、DFA アジアデザイン賞、キッズデザイン賞など国内外の主要デザイン賞を多数受賞。

西村拓紀デザイン株式会社
URL:http://www.hndi.co.jp

画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/180070/img_180070_5.png
【坂井直樹氏 プロフィール】
京都市芸術大学在学中に渡米し、サンフランシスコでTattoo Company を設立。帰国後1987年に日産「Be-1」の開発に関わりフューチャーレトロブームを創出。単に形状をデザインするのではなく、プロダクトの哲学や世界観を戦略的に体系付ける「コンセプト」という概念の先駆者として様々なヒット商品やデザインを生み出す。2004 年7 月にデザイン業務を手がける株式会社ウォーターデザインを設立。

株式会社ウォーターデザイン
URL:https://water-design.jp

画像6: https://www.atpress.ne.jp/releases/180070/img_180070_6.png
【チームラボ プロフィール】
最新のテクノロジーを活用したシステムやデジタルコンテンツの開発を行うチームラボは、アーティスト、プログラマ、エンジニア、CG アニメーター、数学者、建築家など、デジタル社会の様々な分野のスペシャリストから構成されているウルトラテクノロジスト集団。アート、サイエンス、テクノロジー、クリエイティビティの境界を越えて、集団的創造をコンセプトに活動している。

チームラボ / teamLab
URL:https://www.team-lab.com


< 参 考 >
【iF デザインアワードについて】
画像7: https://www.atpress.ne.jp/releases/180070/img_180070_7.png
「iF デザインアワード」は“デザイン界におけるオスカー賞”と評され、「IDEA デザインアワード」、「レッドドットデザインアワード」とともに世界3大デザイン賞のひとつとされています。
ハノーバー(独)を本拠地とするiF International Forum Design は、世界で最も長い歴史を持つ独立したデザイン団体で、毎年優れたデザインを選出し「iF デザインアワード」を授与しています。2019 年度は67 名のデザイン専門家が50 の国/地域から集まった6,400件を上回る応募デザインが厳正に審査されました。
URL:https://ifworlddesignguide.com

【DFA アジアデザイン賞について】
画像8: https://www.atpress.ne.jp/releases/180070/img_180070_8.png
DFA アジアデザイン賞はアジア発のデザイン業界で最も権威ある重要な賞のひとつとして広く認知され、2018 年度は18 の国と地域から過去最高となる1,000 件以上の応募が寄せられました。受賞作品はいずれもアジア市場に投入され、デザインが社会、文化、経済的発展にいかに貢献しているかを示すもので、アジアおよび世界の人々の暮らしの質を高めるデザインソリューションのパワーを示しています。
URL:https://dfaa.dfaawards.com


【グッドデザイン賞について】
グッドデザイン賞は、様々に展開される事象の中から「よいデザイン」を選び、顕彰することを通じ、私たちのくらしを、産業を、そして社会全体を、より豊かなものへと導くことを目的とした公益財団法人日本デザイン振興会が主催する「総合的なデザインの推奨制度」です。
URL:https://www.g-mark.org



詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。