配信元:@Press

アライドアーキテクツ株式会社(東京都渋谷区、代表取締役会長:中村壮秀、代表取締役社長:豊増貴久、証券コード:6081)の子会社であるCreadits Pte. Ltd.(本社:シンガポール、CEO:瀧口和宏、以下「Creadits社」)は、Google LLC(米国カリフォルニア州、CEO:サンダー・ピチャイ、以下「Google社」)が運営する世界最大の動画共有プラットフォーム「YouTube(ユーチューブ)」が新たに開始したプログラム「YouTube creative partner」に初期パートナーとして選定されましたのでお知らせいたします。

Creadits社は、広告クリエイティブに特化したグローバルプラットフォーム「Creadits」を通じて、あらゆるデジタル広告フォーマットに合わせた広告クリエイティブの提供を行っています。広告主は「Creadits」上で広告クリエイティブのリクエストを行うことで、契約プラン(月額固定料金)に応じて付与される購入権チケット「Creadits(クレディッツ)」と引き換えに、世界中の広告クリエイターから質の高い広告クリエイティブを短時間で得ることができます。加えて、クリエイティブのアイデア提案や最適化など、デジタル広告の活用に必要なサポートを包括的に受けることが可能です。

このたび開始された「YouTube creative partner」では、世界各国の企業から厳選された11社が、月間アクティブユーザー19億人を擁するYouTubeの公式パートナーとして選定されました。
今回の選定についてCreadits社のCEO・瀧口和宏は次のように述べています。
「近年、検索広告やディスプレイ広告を出稿する企業の多くがYouTube広告にも範囲を広げつつある一方で、リソースや専門知識の不足により思うような成果につながらないケースも少なくありません。今後はCreadits社がこうした企業に対し、YouTubeの公式パートナーとして包括的なサービスを提供することで、より簡単かつ効果的に広告を活用できるようにしていきたいと考えています。」

YouTubeでの広告掲載において「Creadits」をテスト導入したサムスン電子(Samsung Electronics Co., Ltd.)ルーマニア支社のイオアナ・マリン氏は、「『Creadits』によって、まるで魔法にかけられたように、カラフルかつインパクトのある広告クリエイティブを容易に得ることができました。またそれだけでなく、広告コンテンツとしても実際に驚異的な成果を生み出すことができました」とコメントしています。

Creadits社では今後も、さらなるサービスの拡充と、支援企業の拡張を図ってまいります。


<Creadits Pte. Ltd. 会社概要>
・代表者 : CEO 瀧口 和宏
・所在地 : 168 Robinson Road #12-01, Capital Tower Singapore 068912
・URL : https://www.creadits.com
・設立 : 2014年3月13日
・事業内容 : 広告クリエイティブに特化したグローバルプラットフォーム「Creadits」の運営
※2018年にReFUEL4 Pte. LTD.より商号変更

<アライドアーキテクツ株式会社 会社概要>
・代表者 : 代表取締役会長 中村 壮秀、代表取締役社長 豊増 貴久
・所在地 : 東京都渋谷区恵比寿一丁目19-15 ウノサワ東急ビル4階
・URL : http://www.aainc.co.jp
・設立 : 2005年8月30日
・事業内容 : デジタルマーケティング支援事業

<アライドアーキテクツとは>
アライドアーキテクツは、テクノロジーの力で生活者と企業の最適な関係構築を実現する「ファン・リレーションシップ・デザイン・カンパニー」です。2005年の創業時から一貫して生活者を社会の主役と位置づけ、企業とのつながりを生み出す多様なマーケティング支援サービスを開発・提供しています。特にSNSマーケティングの領域で豊富な実績・知見を有し、これまでに累計4,500万件以上にのぼる生活者と企業のつながりを創出しています。2012年よりグローバル展開を開始し、現在は中国や欧米など世界に向けてサービスを提供しています。

* CreaditsはCreadits Pte. Ltd.の商標または登録商標です。
* その他、本プレスリリースに記載している会社名および商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。