配信元:@Press

中小企業向けのクラウドサービスを提供する株式会社ラクス(本社:東京都渋谷区、代表取締役:中村 崇則)は、自社で開発・販売する10年連続売上シェアNo.1(※)のメール共有・管理システム「メールディーラー Ver.12.4」をリリースしましたのでお知らせいたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/179787/LL_img_179787_1.png
メールディーラー Ver.12.4

メールディーラーWebサイト: https://www.maildealer.jp/

今回のバージョンアップでは、近年大きな社会問題となっている「情報漏えい」の対策に着目。メールでの「情報漏えい」が大半を占める中、「メール送信キャンセル」などの誤送信対策につながる機能を中心に強化いたしました。メールディーラーを導入いただくことで、企業の「情報漏えいリスクの低減」に貢献いたします。

(※)出典:ITR「ITR Market View:メール/Webマーケティング市場2018-2019」「ITR Market View:マーケティング管理市場2013-2017」・「ITR Market View:CRM市場2012」メール処理市場ベンダー別売上金額シェア2009-2018年度(予測値)


【「メールディーラー」バージョンアップに伴う追加機能(一部抜粋)】
■送信キャンセル機能
送信完了後から一定時間、送信を取り消しできるようになりました。送信したメールの内容間違いや問題に気付いた場合にすぐ送信を止めることができます。

■テンプレートのグループ階層化
テンプレートグループが3階層まで追加できるようになり、整理しやすくなりました。
メールと同様にテンプレートも全員で共有することで、誰が作成しても一定の品質を保つことができます。

■振り分け設定の簡易登録
メール本文閲覧画面の操作パネルより、メール件名とFromアドレスを条件にした振り分けルールを簡単に登録できるようになりました。自動振り分け設定が充実すると受信フォルダが整理され、重要なメールが明確になるので、業務効率化につながります。


【「情報漏えい」対策機能強化の背景】
NPO日本ネットワークセキュリティ協会の「2017年 情報セキュリティインシデントに関する調査報告書」(※)によると、個人情報漏えい者数は年間519万8,142人にのぼり、想定損害賠償総額は、1,914億2,742万円となっております。また、「漏えい原因」の中で一番多いのが「誤操作」(25.1%)で、ヒューマンエラーに起因する情報漏えいが深刻な状況であることがわかります。

(※)出典:2017年 情報セキュリティインシデントに関する調査報告書
https://www.jnsa.org/result/incident/data/2017incident_survey_sokuhou_ver1.1.pdf

セキュリティ対策機能に特化したツールはすでに多く存在しますが、「メールソフト+キャンセル機能」をあわせ持つツールやシステムはまだ多くないのが実情です。今回のバージョンアップにより、「送信キャンセル機能」が装備される「メール共有・管理システム」は「メールディーラー」だけとなります。


【情報漏えい対策オプションのご紹介】
メールディーラーでは、本サービス開始時よりユーザーサポートの強化に努め、既存ユーザーよりお聞かせいただいた要望を常に分析してまいりました。中でも近年で一番多かったのが「情報漏えい対策」につながる機能の強化であり、今回のバージョンアップでは、実運用されているユーザーの皆さまの声にお応えする形で「情報漏えい対策機能」を強化いたしました。

今回のバージョンで追加した「送信キャンセル機能」以外にも、オプションでの「情報漏えい対策機能」も数多くご用意しています。主な3機能をご紹介します。

■顧客情報へのアクセス制御機能
ログインユーザーごとに、顧客情報の閲覧を許可するかどうかが設定可能です。顧客情報の閲覧の権限を持たないユーザーは、メールアドレスなどの顧客情報が伏せられた状態で表示されます。

■添付ファイルの自動暗号化機能
メールにファイルを添付して送信する際に、パスワード暗号化されたzipファイルに自動変換されます。パスワードは別メールにて自動で送信されます。

■送信内容確認機能
メールの送信確認画面にて、宛先に関する情報や添付ファイルのチェックを行わないとメールが送信できないよう設定することが可能です。(各情報の横にチェックボックスが付きます)


【「メールディーラー」について】
「メールディーラー」はSaaS(クラウド)型のメール共有・管理システムです。
info@やsupport@などの代表アドレス宛てのお問い合せメールを、複数のスタッフで共有・管理することで、メール対応状況や履歴を一目で確認することができるので、メール対応のモレ、ダブリを未然に防ぐことができ、メール対応業務を効率化します。

今後も、より一層お客様にご満足いただけるサービスをご提供させていただけるよう一同、尽力してまいります。

メールディーラーWebサイト: https://www.maildealer.jp/


■会社概要
社名 : 株式会社ラクス
代表 : 代表取締役 中村 崇則
本社 : 東京都渋谷区千駄ヶ谷5丁目27-11 アグリスクエア新宿2階
設立 : 2000年11月1日
資本金 : 3億7,837万8千円
市場 : 東京証券取引所 マザーズ(コード:3923)
従業員数: 連結:659名 単体:328名(2018年7月1日現在)
事業内容: クラウドサービス事業、レンタルサーバ事業、IT技術者派遣事業
URL : https://www.rakus.co.jp/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。