配信元:@Press

一般社団法人 日本アーバンスポーツ支援協議会(Japan Urban Sports Support Committee以下、JUSC)は、一カ月後に開催が迫る世界最高峰の都市型スポーツ(アーバンスポーツ)の世界大会「FISE WORLD SERIES HIROSHIMA 2019」の一部出場選手が決定し、本日、渋谷キャストにて発表いたしました。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/180235/img_180235_1.jpg

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/180235/img_180235_2.jpg
出場選手発表の前にJUSC渡辺守成会長が挨拶をし、「1年前は誰も知らなかったアーバンスポーツの世界大会を広島で初めて開催して、大きな盛り上がりを作ることができた。今後の目標はFISEフランス大会の来場者数である60万人規模を集める大会にしていきたい。最終的には、渋谷のスクランブル交差点でFISE WORLD SERIESを開催したい。SHIBUYA109の壁をボルダリングの選手が登っていく、こういったことができるように、これからもアーバンスポーツを盛り上げていきたい。」と挨拶しました。

出場選手発表では、BMXパーク大池水杜選手、BMXフラット片桐光紗季選手、スケートボード池田大亮選手、パルクール ZEN選手、ボルダリング杉村紗恵子選手、アグレッシブインライン安床武士選手、ブレイクダンス Shigekix選手の7名が登場し、会場は盛り上がりを見せました。

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/180235/img_180235_3.jpg
各競技の日本を代表するアーバンスポーツ選手同士が質問をしあうトークセッションでは、スケートボード池田大亮選手の「ボルダリングの見所はどこですか?」という質問に対して、ボルダリング杉村紗恵子選手は「同じコースでも壁の登り方・攻略法はそれぞれの選手によって違う。それぞれの選手がどのコースで登るのかをみてもらいたい」と答えました。アグレッシブインライン安床武士選手からの質問で「大会前のジンクスはありますか?」に対して、BMXパーク大池水杜選手は「好きなおにぎりや牛丼を食べにいくこと。海外であれば、決まったアクセサリーを絶対に身に着ける。お守りのように持っている。」と活躍の秘訣を話してくれました。
普段聞くことができない競技の枠を超えた内容に、選手同士も笑顔で話していました。
画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/180235/img_180235_4.jpg

その他にも「BMXフリースタイル パーク」大池水杜選手、「BMXフリースタイル フラットランド」片桐光紗季選手、そして「ブレイクダンス」Shigekix選手がステージ上でパフォーマンスを披露し、間近でトップアスリートの技を見た観客からはたくさんの拍手と驚きの声が上がっていました。

最後に、それぞれの選手が大会への意気込みを語り、昨年同大会優勝をしているスケートボード池田大亮選手は「今年も優勝して、2連覇をしたい」と力強く語りました。アジア人史上初の全米・北米チャンピオンになったパルクール ZEN選手は「自国開催という事、日本人が表彰台に乗っている姿をみせたい。」と昨年大会のリベンジを誓いました。数々の世界大会での優勝経験のあるアグレッシブインライン安床武士選手は「昨年大会は競技見てくれている方が日本人選手を全力で応援してくれた。今年はその方達に喜んでもらえるパフォーマンスを披露したい。」とFISE HIROSHIMA 2019への思いを語りました。
2018年ブエノスアイレスユースオリンピックで銅メダルを獲得したブレイクダンス Shigekix選手は「昨年は国内大会だったが、今年は外国人選手を招待し、国際大会となりレベルが上がる。そのなかで優勝したい。」と意気込みを語りました。

画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/180235/img_180235_5.jpg
また、アーバンスポーツの楽しさを体験してもらうため『FISE WORLD SERIES HIROSHIMA 2019』の競技でもあり、身体一つで障害物を乗り越えて目的地へ移動する競技「パルクール」の体験会が行われました。会場は途中から青空となり、東京の都心部で、小学生などがアーバンスポーツを楽しみました。



【 FISE WORLD SERIES HIROSHIMA 2019概要】
■大会名称 :FISE WORLD SERIES HIROSHIMA 2019
(※略称FISE HIROSHIMA 2019)
■開催日時 :2019年4月19日(金)、20日(土)、21日(日) 3日間
■開催場所 :旧広島市民球場跡地、NTTクレドホール
■開催種目 :7種目
●BMXフリースタイル パーク、
●BMXフリースタイル フラットランド
●スケートボード ストリート、●パルクール、
●ボルダリング、●アグレッシブインライン、
●ブレイクダンス
■各競技大会名 :7大会
●UCI BMX Freestyle Park World Cup
●UCI BMX Freestyle Flatland World Cup
●FISE World Series Skateboard Street
●FIG Parkour World Cup
●IFSC Bouldering International Series
●World Skate Roller Freestyle World Cup
●WDSF World Open Series - Breaking
■エキシビション :eスポーツ、スポーツけん玉、バトントワーリング
■主催 :一般社団法人日本アーバンスポーツ支援協議会
一般社団法人アーバンスポーツ大会組織委員会
■共催 :日本体操協会、日本自転車競技連盟、
全日本フリースタイルBMX連盟、
日本山岳・スポーツクライミング協会、
日本ローラースポーツ連盟、日本スケートボード協会、 日本ダンススポーツ連盟
■後援 :スポーツ庁、日本スポーツ振興センター、
日本スポーツ協会、日本オリンピック委員会、
おもてなしICT協議会、
オリンピック・パラリンピック等経済界協議会、
在日フランス大使館
■特別協力 :東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会
■協力 :日本eスポーツ連合、グローバルけん玉ネットワーク、
日本バトン協会
■協力自治体 :広島県、広島市
■運営主管 :Hurricane(仏)
■制作・運営協力 :ADKマーケティング・ソリューションズ
■動員目標数 :10万人
※大会オフィシャルサイトURL:https://www.fisehiroshima.jp/







詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。