配信元:@Press

ベンキュージャパン株式会社(本社:東京都港区)は、コーポレート向けアイケア液晶ディスプレイの新製品として、高さ調節・ピボット機能を搭載した23.8型Full HDアイケアビジネスモニター「BL2480T」を、新発売いたします。

「BL2480T」は、IPSパネル、3辺ウルトラスリムベゼルデザインの採用、そしてBenQ独自のアイケアテクノロジーとして、視聴環境周辺の光量を検出して輝度を自動調整するブライトネスインテリジェンス(B.I.)を搭載し、液晶モニターを長時間使用することで起こる、頭痛、眼精疲労、視力障害などといった、バックライトのフリッカーやブルーライトの影響が要因の一つと言われる懸念点を払拭します。また、マゼンタとシアンのカラーフィルターを使ってディスプレイに表示される赤や緑の量をそれぞれカスタマイズすることができるカラーユニバーサルモードを新搭載し、多様な色覚を持つ様々な方々でも色の違いを識別することが容易となり、誰でもわかりやすいカラーで映像空間を楽しむことができます。
機能面では、使用用途に合わせてモニターを作業しやすい快適な高さに調整することができる高さ調節機能や、ピボット(縦回転)機能を搭載し、Webページや画像など縦長のコンテンツ表示にも対応します。

広視野角のIPSパネルを採用することで、見る角度による色合いなどの変化が少なく、多人数での閲覧を行う際や2つのディスプレイを同時に使う際にも、安定した色合いを提供します。また接続面では、D-sub、DisplayPortやHDMI端子など、3系統の豊富な端子とスピーカー(1W x 2)を搭載。様々な使用環境、接続方法での活用が可能です。

長時間の資料作成やサイト閲覧、デスクワークでの細かい作業でも目をいたわり、働き方改革に適したオフィス環境の構築に役立ちます。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/182538/LL_img_182538_1.jpg
23.8型Full HDアイケア液晶モニター「BL2480T」

「BL2480T」
機種名 :BL2480T
サイズ :23.8型
カラー :ブラック
発売日 :2019年4月23日
想定売価:オープン価格


■「BL2480T」の主な特長
<BenQ独自のアイケアテクノロジー搭載>
【ブライトネスインテリジェンス(B.I.)テクノロジー】
・画像コンテンツを美しく最適化
「ブライトネスインテリジェンス(B.I.)テクノロジー」は、コンテンツの輝度を検知して、暗い部分は輝度を上げることで鮮明さが増し、明るい部分の輝度はそのまま維持することで、露出オーバーにならないようにコンテンツを見やすく調整します。

・輝度自動調整機能により目の疲労を軽減
「ブライトネスインテリジェンス(B.I.)テクノロジー」は、視聴環境周辺の光量を検出して、ディスプレイ自体の輝度を自動調整するので、周辺環境光の変更に伴った目の疲労が軽減され、快適な働く環境を提供します。

【ブルーライト軽減】
BenQの「ブルーライト軽減」技術は、バックライトからブルーライトカットをし、目が受ける疲労や刺激を効果的に軽減します。あらかじめ設定された4つの「ブルーライト軽減」モード(マルチメディア、ウェブサーフィン、オフィス、閲覧)は、OSDボタンを使って簡単に切り替えができ、照明状況、目の疲れ具合に応じて最適なモードの選択が可能です。

【フリッカーフリー技術】
「フリッカーフリー」技術により、目の疲れやダメージなど、従来のバックライトのフリッカーに起因する有害な影響が防止されます。

従来のLCDスクリーンは毎秒250回の頻度でフリッカーが生じています。
目で画面上のフリッカーを確認することはできませんが、目は確実にフリッカーの影響でダメージを受けています。
BenQのフリッカーフリーディスプレイは、不快なちらつきフリッカーから目を守ります。

<2種類フィルターのカラーユニバーサルモード搭載>
マゼンタとシアンのカラーフィルターを使ってディスプレイに表示される赤や緑の量をそれぞれカスタマイズすることができます。BenQのカラーユニバーサルモードは、赤と緑の2色を調整することによって、多様な色覚を持つ様々な方々でも色の違いを識別することが容易となり、 誰でもわかりやすいカラーで映像空間を楽しむことができます。

<IPSパネルによる広視野角>
IPSパネルの採用により、上下左右178°の広視野角を実現し、どの角度から見ても正確な色と画像の再現を可能にしました。複数の人がさまざまな角度から見ても、違和感を抱くことがありません。8-bitパネルを採用しているため、フルカラー約1677万色表示に対応するため、原色に近い深い色合いの描写が可能です。

<140mmの高さ調整と左右45度のスウィーベル、ピボット機能を搭載>
「BL2480T」は140mmの高さ調整、左右45度のスウィーベル機能や、本体を90°回転させるピボット機能を搭載しています。ディスプレイ画面を縦に表示することができ、Webデザイナーのホームページ制作などには大きな威力を発揮します。作業姿勢や体調に応じて最適な画面の位置合わせが可能になるため、業務効率改善及び疲労軽減に繋がります。

<作業空間が広がる6.63mmスリムベゼルデザイン>
6.63mmのスリムベゼルが魅力のBL2480T。ディスプレイを軽やかに大きく見せるスタイリッシュなフレームレスデザインが特徴です。デスク回りがすっきりとして、作業空間が広がるだけでなく、デュアルディスプレイ利用に適しており、「エッジトゥーエッジ(Edge-to-Edge)」パネルで広がる大画面によりデスクワークが捗ります。

<3系統の豊富な端子とスピーカー(1W x 2)を搭載>
D-sub、DisplayPortやHDMI端子など、3系統の豊富な端子とスピーカー(1W x 2)を搭載。様々な使用環境、接続方法での活用が可能です。


■「BL2480T」製品仕様表
製品名 :BL2480T
サイズ / パネル / バックライト:23.8型ワイド / ノングレア・IPS / LED
筐体色 :ブラック
JANコード :4544438014957
解像度 :1920 x 1080(Full HD)
表示サイズ :527.04 x 296.46mm
表示色 :約1677万色
画素ピッチ / 画素密度 :0.274mm / 93ppi
アスペクト比 :16:9
コントラスト比 :1000:1(DCR 2000万:1)
輝度(cd / m2) :250cd / m2
視野角(左右 / 上下) :178° / 178°(CR>=10)
応答速度 :GtoG 5ms
水平 / 垂直周波数 :30-83KHz / 50-76Hz
ティルト角度 :上下:-5° / 20°
高さ調整 :140mm
ピボット :90°
VESA規格 :100 x 100mm
電源 :内蔵
消費電力 最大 / 標準 :27W / 16W(待機消費電力:0.5W以下)
スピーカー :1W x 2
ヘッドフォン出力端子 :○
入出力端子 :D-sub / HDMI 1.4 / DP1.2 /
ヘッドフォンジャック / Audio Line-in
USB :―
付属ケーブル :電源ケーブル(約1.5m) /
HDMIケーブル(約1.5m)
その他付属品 :クィックスタートガイド、
ドライバーCD、保証書
本体サイズ(W x H x D) :540 x 428~528 x 230mm(台座あり)
540 x 340 x 50mm
(モニターのみ / 台座なし)
梱包状態サイズ(W x H x D) :691 x 406 x 204mm
本体重量 / 梱包重量 :5.7kg / 7.4kg
フリッカーフリー :○
ブルーライト軽減 :○
ブライトネスインテリジェンス(B.I.):○
カラーユニバーサルモード :赤、緑
保証期間 :3年保証(パネル、バックライトは1年保証)


■BenQについて
BenQ Corporation は、コンピューティング(パソコン関連事業)、コミュニケーションズ(通信事業)、コンシューマーエレクトロニクス(家電事業)、という世界マーケットをターゲットとする3C事業のほかに、BenQの強みであるクリスタルTFT技術とクールブランドを合わせた5C戦略を推進しています。

※2018年度 DLPプロジェクター グローバル販売台数/メーカーシェアNo.1 Futuresource調べ

ベンキュージャパン株式会社(本社:東京都港区)は、BenQ Corporationの日本現地法人です。日本においては、アイケアテクノロジーを搭載した豊富なラインナップの液晶ディスプレイと、DLPプロジェクター販売台数世界No.1のプロジェクターを中心に、お客様のハイクオリティライフスタイルを実現できるような商品を常に提案しております。



■ お客様お問合せ先
ベンキュー ジャパン テクニカルサポートセンター
TEL:0570-015-533
月曜から金曜 9:30~18:00 土日祝日・BenQ指定日を除く

e-mail お問合せ
http://bcc.benq.com/BCCFRONTUI/process/newcase.aspx


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。