配信元:共同通信PRワイヤー

ライフスキャンがSanvita Medicalとの間で持続血糖測定(CGM)装置の販売、流通契約を締結

AsiaNet 78810 (0885)


【マルバーン(米ペンシルベニア州)2019年5月22日PR Newswire=共同通信JBN】
*2つの糖尿病装置企業は2020年から、CGMシステムを発売予定

血糖測定の世界的リーダーで、象徴的なワンタッチ(OneTouch)(R)ブランドのメーカーであるライフスキャン(LifeScan)は22日、Sanvita Medical, LLCとの間で持続血糖測定(CGM)センサー販売の独占契約を締結したと発表した。Sanvita Medicalは、先端技術の血液検査分析装置および血糖測定における正確性と信頼性を重視する世界的リーダー、ノバ・バイオメディカル(Nova Biomedical Corporation)の子会社である。

Logo - https://mma.prnewswire.com/media/749088/Lifescan_Logo.jpg

この提携を通じて、両社はCGMシステムを早ければ来年半ばに北米と欧州の一部の国で、その後、世界中の他市場で発売する予定。この新しいCGM製品は、ワンタッチリビール(OneTouch Reveal)(R)アプリを含むライフスキャンのワンタッチリビール(R)デジタルポートフォリオと統合される。

ライフスキャンのバレリー・アズベリー社長兼最高経営責任者(CEO)は「糖尿病管理には未だ対処されていない大きなニーズがあり、糖尿病ケアの世界的リーダーとして、患者の懸念と目標を念頭に置いて特別に設計されたCGM技術で、患者がそのニーズに対処できるよう手助けをするSanvitaとの提携は非常に喜ばしい。ライフスキャンにとって、これは糖尿病患者のために制限のない世界を創造するという当社のビジョンの自然な延長であり、糖尿病ケアへの当社の揺るぎないコミットメントを強化するものだ」と語った。

血糖測定と試験紙製造の世界的リーダーとして、ライフスキャンの製品ポートフォリオにCGMを追加することは、同社の拡大、成長計画の一環である。同社には、血糖計、試験紙、ランセット、ポイントオブケアシステム、統合デジタルソリューションなど、シンプルさ、正確さ、信頼性を特長とする血糖測定システムを製造、販売してきた長い歴史がある。アズベリー氏は「当社はじきに、当社の血糖測定システムからデジタル製品、そしてSanvitaのCGM技術まで、幅広い糖尿病測定ソリューションを提供できるようになるだろう」と述べた。

▽ライフスキャン(LifeScan)について
糖尿病を抱える人々のために制限のない世界を創造するとのビジョンを掲げるライフスキャンは、血糖測定の世界的リーダーであり、世界中で2000万人以上の人々が糖尿病の管理に役立つワンタッチ(OneTouch)(R)ブランドの製品を頼りにしている。ライフスキャンは35年以上にわたり、シンプルさ、正確さ、信頼性を特長とする製品の開発により、糖尿病患者の生活の質の向上というコミットメントを堅持してきた。詳細については、www.LifeScan.com とwww.OneTouch.com を参照。

ソース:Lifescan, Inc.

▽問い合わせ先
Bridget Doherty
+1-(610)-428-0038
BDoherty@Lifescan.com

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。