配信元:共同通信PRワイヤー

2019年5月22日

産業能率大学

産業能率大学 倉田ゼミ × 満寿屋商店 × ヤマチュウ
十勝の農産物認知度向上を目的に産能大生が新商品開発!
十勝産小麦100%「十勝贅沢マフィン」販売
5/25(土)・26(日)に自由が丘「マリクレールフェスティバル」で販売

産業能率大学(東京都世田谷区)経営学部 倉田洋教授のゼミでは、北海道・十勝の満寿屋商店と同地域の小麦粉を製造・販売するヤマチュウ(音更町)の協力のもと、十勝産の小麦粉を100%使用したマフィン「十勝贅沢マフィン」を開発しました。5月25日(土)と26日(日)には、自由が丘のイベント「Marie Claire Festival(マリクレール フェスティバル)(24日~26日)」にて、完成したマフィンの実販売を行います。同ゼミは、2017年より農林水産省の「農業女子プログラム」に参画し、「十勝ガールズ農場と帯広の農産物の認知度向上」に取り組んでいます。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201905226679-O1-37b0OOOw
十勝贅沢マフィン(左:とうきびチーズ、右:つぶチョコ)


◆十勝の農産物認知度向上を目的に、大学生が十勝産小麦100%のマフィン2種類を開発
◆マフィンは、とうもろこしを使った「とうきびチーズ」とチョコレートを使用した「つぶチョコ」の2種類
◆十勝地域の有名パン屋「満寿屋商店」が協力し製造を担当
◆5/25・26の2日間、自由が丘「マリクレールフェスティバル」においてテントブースで学生が販売【ご取材可】

【開発したマフィン】
名称:十勝贅沢マフィン
種類:「とうきびチーズ」「つぶチョコ」の2種類
とうきびチーズ:とうもろこし生地に練りこみ、チーズを乗せ焼いたマフィン。
つぶチョコ:四角いつぶチョコレートをのせたマフィン。

【倉田ゼミの取り組み】
倉田ゼミでは、IRデータを用いた企業研究に取り組んでおり、2017年からは「農業・食糧ビジネス」をテーマに、研究活動を行っています。その中で、TASUKI LLPが北海道帯広市で実施する農業×自分発掘インターンシップ「ネイチャーダイブプログラム」にゼミ生が参加したことをきっかけに、帯広の女性農業家支援や、地域農産物ブランド確立に参加。さらに同市「十勝ガールズ農場」でのインターンシップをきっかけに、同農場が参加する農水省の「農業女子プロジェクト」の存在を知り、同プロジェクトにおける、未来の農業女子を育成する「チーム“はぐくみ”」に参画(大学では2校目)。以後、「十勝ガールズ農場と帯広の農産物の認知度向上」を目標に掲げ、生産現場の思いを受け継ぎ、都心に住む自分たちができることに取り組んでいます。今回、tokachi field action Lab(TASUKI LLCと帯広市による地域活性化団体)からの紹介により満寿屋商店・ヤマチュウとの合同プロジェクトを発足し、十勝産小麦の認知度向上を目指し、商品開発を行いました。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201905226679-O2-3U6HHy8m
倉田ゼミ

【産業能率大学WEBサイト】
https://www.sanno.ac.jp/

【満寿屋商店】
■社名:株式会社満寿屋商店
■代表者:代表取締役社長 杉山雅則
■所在地:北海道帯広市西1条南10-2
■事業内容:パン製造販売(全商品、小麦粉は十勝小麦100%使用)
■店舗:本店(帯広市)、ボヌール店・帯広駅店・音更店・めむろ窯・麦音・東京本店・JR国立駅ムギオト
      ※東京本店は都立大学駅にあり、今回のマフィンは東京本店が製造
■HP:https://www.masuyapan.com/

【ヤマチュウ】
■社名:株式会社山本忠信商店
■代表者:代表取締役 山本英明
■所在地:北海道河東郡音更町木野西通7-3
■事業内容:・豆類、小麦を中心とする穀物の集荷精選及び卸販売 ・農産物の契約栽培  ・作物の栽培指導
・肥料の直輸入及び直接販売 ・小麦粉の製粉事業 ・飼料販売
         ※今回のマフィン製造では、原材料となる十勝産の小麦粉を提供
■HP:https://www.yamachu-tokachi.co.jp/

【TASUKI LLP/LLC】
■社名:TASUKI有限責任事業組合/TASUKI合同会社
■代表者:代表理事/代表社員 山内一成
■所在地:北海道帯広市西3条南30‐1‐18
■事業内容:・農業×自分発掘インターンシップ「ネイチャーダイブプログラム」「アグリダイブプログラム」の企画開催
         ・大学と十勝企業とのプロジェクトコーディネート
         ※今回のマフィン製造では、プロジェクトの立ち上げを支援
■HP:https://nougyou-intern.com/

【自由が丘「マリクレールフェステイバル2019」】
5月24日(金)から26日(日)の3日間、自由が丘駅南口の「マリクレールストリート」と「九品仏川緑道」を中心に開催されるイベント。倉田ゼミのマフィンは、同イベントの25日・26日に販売を行います。



徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。