配信元:@Press

ペレグリン・ウェルス・サービシズ株式会社(本社:大阪府大阪市西区、代表取締役:山口 聰)は、2019年6月1日(予定)より、楽天証券株式会社または株式会社SBI証券の口座にて当社を通してお取引を実施、もしくは予定されているお客様へ、心理分析の結果から一人一人に最適な資産運用を提案する「ファイナンシャル・パーソナリティ・チェック(FPC)」サービスを開始します。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/183776/LL_img_183776_1.jpg
ファィナンシャル・パーソナリティ・シート

■ファイナンシャル・パーソナリティ・チェック「FPC」とは
イギリスの大手銀行で行動経済学に基づいて開発された心理分析テストです。資産運用の判断に影響を与える性格やストレス耐性といった心理面を分析することで顧客の「性格・気持ち」を深く把握し、本当に顧客が望む資産運用を提案するために効果を発揮するものです。
当社では26問のテストの結果から顧客の性格を約300パターンに落とし込み、専用の結果報告書で一人一人に適した商品の種類や投資期間、避けたい商品などを事前に説明します。


■ファイナンシャル・パーソナリティ・チェック「FPC」のメリット
・これまで年齢、収入、金融資産などのみから判断していた従来の投資スタイルに比べ、アドバイザーは顧客個人個人に向いている運用が分かり、コミュニケーションも図りやすくなります。
・顧客は自分自身の性格を知り、自分に合った投資スタイルを知ることで、より安心度、納得度の高い運用が可能となり、失敗を減らし、確実性の高い運用パフォーマンスが実現できます。

<お客様から寄せられた実際の声>
・自分の投資における心理面が分かって、目標に向けてどのようなポートフォリオを組めばよいか考えるきっかけになった。
・自分の目標金額と心理面を勘案した結果、大きなリスクをとるよりも毎月の積立額を増やそうと思った。
・これまで資産運用はあまりうまくいっていなかったが、今回FPCの結果について話し合うことで納得できる運用プランを構築でき、これからの楽しみになった。
・自分のFPCに沿って、アドバイスをもらいながらポートフォリオのリバランスを定期的に行うと言ってくれて、これが自分に合う金融機関の担当者との付き合い方なのだと納得し安心した。


■会社概要
企業名 : ペレグリン・ウェルス・サービシズ株式会社
代表者 : 代表取締役 山口 聰
設立 : 2017年9月20日
資本金 : 800万円
URL : https://peregrine.co.jp/
事業内容 : 証券会社や銀行といった特定の金融機関に属さず、
独立した立場からお客様へ金融商品の購入や
資産運用に関するアドバイスを行うIFA法人。
「金融商品仲介業者」と呼ばれ、内閣総理大臣の
登録を受けた上で金融商品取引業者である証券会社と
業務委託契約を結び、その委託を受けてお客様へ
金融商品等についてのアドバイスを行う。
金融商品仲介業 近畿財務局長(金仲)第391号
所属金融商品取引業者: 楽天証券株式会社・株式会社SBI証券


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。