配信元:@Press

日成貿易株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:三井 悠生)は、星空写真・映像作家のKAGAYA氏監修のサンドピクチャー「Mangetsu -満月- by KAGAYA」を2019年5月24日から販売開始いたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/184502/LL_img_184502_1.jpg
サンドピクチャー「Mangetsu -満月- by KAGAYA」
星景写真家KAGAYA氏監修
https://www.atpress.ne.jp/releases/184502/img_184502_2.jpg
サンドピクチャー作家クラウス・ベッシュ
https://www.atpress.ne.jp/releases/184502/img_184502_3.jpg

サンドピクチャー「Mangetsu -満月- by KAGAYA」
http://www.nisseico.jp/


【サンドピクチャーとは】
オーストリア人サンドピクチャー作家クラウス・ベッシュ(以下 サンドマン)が創り出す壮大かつ幻想的なサンドアートです。2枚のガラス板の間に、比重の異なる砂、水、空気が入っており、絵を上下左右逆さにする事で毎回違った模様を砂が創り出します。まさに自然が描く芸術です。また、ガラス板内部の空気量を調整することで、砂の落ちる速度を自由に調整できるのも特徴。「触れるアート」、「変化し続けるアート」として幅広い層から人気を得ています。


【サンドピクチャー「Mangetsu -満月- by KAGAYA」開発の背景】
サンドピクチャーは、上下左右どの位置にしても楽しめる特性から、壮大な星空や宇宙を背景画に使用した作品が男女を問わず人気です。そこでTwitterのフォロワーが66万人を超える人気星景写真家KAGAYA氏とコラボレーションをしました。KAGAYA氏は“星空アーティスト”と称され、今回は、中でも女性に人気の高い「満月」を題材に選びました。


【サンドピクチャー Mangetsu -満月- by KAGAYAの特長】
KAGAYA氏が撮る写真の中でも人気がある「満月」。雲の流れによって見え隠れする満月は、数秒単位で見え方や明るさが変わります。サンドマンは、2種類の青い砂で、夜空により一層の深みを出し、白い砂で風に流れる雲を表現。そして、満月の美しさを際立たせる濃いゴールドの砂を配色し、満月の持つ繊細で凛とした輝きを表現しました。雲が満月の明かりに変化をつけるように砂が創り出す造形もまた、刻一刻と変化を与え続けます。
2つの作品の良さを最大限に引き出し誕生した『Mangetsu -満月- by KAGAYA』。サンドピクチャーファンだけでなく、KAGAYAファンにも大満足な仕上がりになっています。


【サンドピクチャー「Mangetsu -満月- by KAGAYA」の概要】
名称 : サンドピクチャー Mangetsu -満月- by KAGAYA
販売開始日: 2019年5月24日
販売価格 : ・Sサイズ(22cm×33cm)17,280円(税込)
・Mサイズ(29cm×42cm)27,000円(税込)
※世界限定200個シリアルナンバー入り
・XLサイズ(50cm×70cm)162,000円(税込)
※世界限定20個シリアルナンバー入り
販売店 : KB Collection「Sandpicture Gallery Japan」
サンドピクチャー公式WEBサイト、
サンドピクチャーお取扱い各店舗、他
URL : http://www.nisseico.jp/


◆会社概要
商号 : 日成貿易株式会社
代表者 : 代表取締役社長 三井 悠生
所在地 : 〒113-0033 東京都文京区本郷2-14-14 ユニテビル3F
設立 : 1958年7月
事業内容: KB Collectionサンドピクチャー日本総代理店、輸入雑貨仕入、
カメラ用品輸出
資本金 : 1,762万円
URL : http://www.nisseico.jp/


【本製品に関するお客様からのお問合せ先】
日成貿易株式会社
TEL:03-3868-5433


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。