配信元:共同通信PRワイヤー

「ハウスキーパー型」サービスが南寧経済技術開発区で企業の時間と手続きを短縮

AsiaNet 79295(1119)


【南寧(中国)2019年6月19日新華社=共同通信JBN】産業プロジェクト建設の承認を最適化、簡素化し、企業に的確かつ効果的にサービスを提供し、市場活力と社会的創造性を継続的に刺激するために、国家南寧経済技術開発区(National Nanning Economic & Technological Development Area)は今年4月から、プロジェクト承認のために「ハウスキーパースタイル(家政婦型)」のサービスシステムを導入している。「ハウスキーパー型」サービスシステムの影響で、国家南寧経済技術開発区における建設プロジェクト承認のための申請書類の総数は、南寧市が必要とする34から31に削減された。手続きも、南寧市が必要とする13段階から10段階に最適化された。国家南寧経済技術開発区管理委員会によると、今年初め以来、国家南寧経済技術開発区の行政認可局は合計146件のエンジニアリングプロジェクトの承認申請を受け付け、その完了率は100%だった。

国家南寧経済技術開発区行政認可局は、すべての産業プロジェクトに対し「ゼネラルハウスキーパー」(General Housekeeper)と「プロフェッショナルバトラー」(Professional Butler)を提供し、各企業に建設プロジェクトの認可にかかる時間を短縮するよう指導している。「ワンストップ受け入れ、ワンストップ訓練、ワンストップガイダンス、ワンストップ処理」管理モデルを通じて、行政認可局は「無条件のレビュー受け入れ、バリアフリーの調整、全過程フォローアップ、シームレスなコミュニケーション」により企業のプロジェクト承認のための政府のサービスを提供する。

5月14日、Guangxi Liuzhou Pharmaceutical Co., Ltd.の南寧プロジェクト責任者のヘ・ジンシン氏は、プロジェクト第2段階の登録のため、国家南寧経済技術開発区の行政サービスセンターにやって来た。資料の提出から承認のスタンプをもらうまでにわずか3分しかかからなかった。

ヘ・ジンシン氏は「2013年のプロジェクト第1段階の手続きでは、当社はさまざまな許可の申請のために4人を雇用し、異なる部門に派遣した。プロジェクト建設の許可を得るだけで半年かかった。いまや、許可はいつでも能率化されている。われわれは、要件リストに従って資料を準備し、経済技術開発区により提供された「ハウスキーパー」に建設資料を提出し、1つのカウンターでその場で手続きするだけでよい。「ハウスキーパー」はまた、プロジェクトの認可から完成承認まで1対1のサービスを提供し、大幅な時間の節約となる」と述べた。

Nanning Yanxiang Equipment Technology Co., Ltd.のある従業員は、「ハウスキーパー」の指導の下、同社のプロジェクト完了の承認は3営業日から1営業日に短縮されたと語った。

「関連するすべての部門とオフィスがシームレスにつながっており、事前に準備できているため、企業はいつでもサービスを受けられると感じることができ、全工程を通じた満足感を得ることができる」国家南寧経済技術開発区行政認可局のノン・シイン副局長によると、建設設計図の審査と提出は、南寧市が必要とする3営業日から2営業日に短縮され、建設許可の発行は5営業日から3営業日に短縮された。そしてプロジェクト建設承認のために必要な総日数は47営業日から42営業日に短縮された。その結果、同開発区の企業の定着と生産を大幅に加速することになった。国家南寧経済技術開発区は今後さらに認可プロセスを合理化し、最適化して、「ハウスキーパー型」サービスシステムを工業企業から他の分野に拡大していく方針である。

ソース:National Nanning Economic & Technological Development Area Management Committee

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。