配信元:共同通信PRワイヤー

アエロフロートが2019年夏の路線網を拡大

AsiaNet 79300 (1118)


【モスクワ2019年6月20日PR Newswire=共同通信JBN】アエロフロート(Aeroflot)は今年夏、ロシア内外のより多くのデスティネーションに向け新たなフライトを開始した。同社は6月1日よりモスクワからマルセイユまで週5便運航している。マルセイユはフランス第2番の都市で、有名な文化的・歴史的センターである。このほかアエロフロートの路線網に追加された地中海のデスティネーションはパルマデマジョルカで、このバレアレス諸島最大の都市へ同社は週4便を運航している。

さらに、アエロフロートはアジアでのサービスのさらなる発展をサポートするため、モスクワ-ソウル間のフライト頻度を増やした。6月1日からアエロフロートは韓国首都への便数を倍増した。アエロフロートのアジア市場でのサービス提供は、ベトナム航空と締結したコードシェア契約によってさらに支援される。国内線、国際線両方のコードシェアが先週始まり、ロシアとベトナムのデスティネーション間のコネクティビティー向上とシームレスな乗り継ぎを顧客に提供することを目的としている。

ロシア国民のモビリティーを高めることは、アエロフロートの優先事項の1つである。モスクワを迂回する地域間フライトを増やす計画により、同社は今夏、ロシア南部の主要都市、ボルゴグラード-ソチ間、クラスノダール-シンフェロポリ間の新しい直行便を開始した。これらの都市間のフライトは毎日運航される。

アエロフロートは路線網を継続的に拡大し、人気のあるデスティネーションへのフライト頻度を増大しつつある。アエロフロートは今夏、ロシア国内の58デスティネーションを含む54カ国の159デスティネーションに運航する。

詳細な情報は同社24時間コールセンター:コンタクトセンターの国際無料通話番号(ウェブサイトhttps://www.aeroflot.ru/ru-en/offices/free_numbers 参照)経由で+7 495 223 5555、8-800-444-5555(ロシア国内無料通話)、または同社販売オフィスで入手可能。

▽アエロフロート(Aeroflot)について
アエロフロートはロシアを代表する航空会社であり、スカイチーム(SkyTeam)グローバル航空連合の誇りあるメンバーである。アエロフロートは、54カ国の159デスティネーションに運航している。アエロフロートは252機を保有し、100機以上の航空機を運航する全世界の航空会社の中で機齢が最も若い。2018年、アエロフロートは3580万人の乗客を運んだ(子会社を含むアエロフロートグループとしての乗客数は5570万人)。アエロフロートはスカイトラックスから4つ星航空会社の地位を獲得し、2019年スカイトラックス・ワールド・エアライン・アワードで8度目となる東欧のベスト・エアラインに選ばれた。アエロフロートはまた、米航空協会APEXから5つ星国際航空の評価を得ている。有力なブランド戦略コンサルタントであるBrand Financeによると、アエロフロートは世界最強の航空会社ブランドである。

詳細はhttp://www.aeroflot.com/ を参照。

Logo - http://mma.prnewswire.com/media/561410/Aeroflot_Logo.jpg

ソース:Aeroflot

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。