配信元:@Press

清掃機器の最大手メーカー、ドイツ・ケルヒャー社の日本法人、ケルヒャー ジャパン株式会社(代表取締役社長:佐藤八郎)は、近年注目を集める『家事シェア』に注目し、「家事シェアの実態」に関するアンケート調査を共働きをしている全国の20~50歳代の既婚男女655名を対象に実施いたしました。

家事を家族みんなで取り組むことで、一人ひとりの家事の負担を下げることができる『家事シェア』。共働き世帯は増加傾向にあり、厚生労働省の「男女共同参画白書」平成29年版では、全国で1793万世帯のうち6割以上の1129万世帯が共働きという調査結果も出ています。そこで、ケルヒャーは共働き世帯の増加に伴い、今後ますます求められる『家事シェア』の実態に関するアンケート結果と合わせて、これからの季節に合った掃除の方法をお伝えします。

■Q1 .『家事シェア』はしたいですか?(単一回答)
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/186838/img_186838_1.png


■Q2 .どの家事シェアをしたいですか?(単一回答)
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/186838/img_186838_2.png

『家事シェア』をしたい人は7割超え、シェアしたい家事は「掃除」がダントツ!
71%の方が家事のシェアをしたいと答え、『家事シェア』のニーズが多くあることがわかりました。また、シェアしたい家事についての質問では「掃除」と答えた方が3分の1以上の237人とダントツで、『掃除シェア』のニーズが特に高いことが判明しました。

■Q3 .あなたのご家庭では、『掃除シェア』ができていますか?(複数回答)
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/186838/img_186838_3.png


約6割ができていない『掃除シェア!』
最もニーズが高かった掃除のシェア状況について質問したところ、63%の方ができていないと回答しました。
掃除を家族でシェアしたいと考えている方が多くいる一方で、思ったように『掃除シェア』ができていない実態がわかりました。
掃除は誰でもできる家事だからこそ、きちんと家族で役割分担をして、『家事シェア』をしてみてはいかがでしょうか。

■Q4 .パートナー・配偶者に掃除をしてほしい場所はどこですか?(複数回答)
男性編(男性294人が複数回答)
画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/186838/img_186838_4.png

女性編(女性361人が複数回答)
画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/186838/img_186838_5.png

男性は「キッチン」、女性は「お風呂場」の掃除をパートナーに任せたい!
最も多い回答は男性は「キッチン」、女性は「お風呂場」という結果になりました。多くの男性が女性に任せたいキッチンの掃除では「パートナー・配偶者のテリトリーだから」、「掃除の方法がわからない」という声が多数挙がりました。普段自分で使わない場所は、パートナーに掃除を任せたい男性が多いようです。
一方、多くの女性が男性に任せたい「お風呂場」の掃除では、「掃除をするのに力が必要だから」という声が多く挙がりました。カビ等しつこい汚れが目立つお風呂場の掃除には力が必要のため、男性にお願いしたいと思う女性が多くいることが判明しました。

■Q5 .自分で掃除をするならどこを掃除したいですか?(複数回答)
男性編(男性294人が複数回答)
画像6: https://www.atpress.ne.jp/releases/186838/img_186838_6.png

女性編(女性361人が複数回答)
画像7: https://www.atpress.ne.jp/releases/186838/img_186838_7.png

自分で掃除したい場所男性は「お風呂場」、女性は「キッチン」
お互いの掃除の役割分担へのニーズが一致!
反対に、自分で掃除をしたい場所についても調査したところ、男性は「お風呂場」、女性は「キッチン」を挙げる方が最も多い結果となりました。そして、Q4で男女それぞれに質問した「パートナー・配偶者に掃除をしてほしい場所」が、男女それぞれ自分で掃除したい場所であるということがわかりました。

なかなか思うようにできない『掃除シェア』。家事はお互いに協力しあうことで効率よく行うことができます。まずは自分が掃除したいと思う場所を率先的にやることで、『家事シェア』の第一歩目になるのではないでしょうか。共働きでお互いが忙しくても、『掃除シェア』によって、ジメジメしてストレスのかかる梅雨から夏の季節を気持ちよく過ごしてみてはいかがでしょうか。

梅雨対策キャンペーン2019実施中!
梅雨時を快適に過ごすカビ対策は、カビ掃除(スチームクリーナー)+予防(窓用バキュームクリーナー)で万全に。
キャンペーン詳細は下記URLよりご確認ください。
https://www.kaercher.com/jp/onlineshop/tuyu_2019.html

スチームクリーナーで簡単掃除シェア!
~湿度が高いジメジメ季節は家事シェアでスッキリ~

お風呂掃除編
画像8: https://www.atpress.ne.jp/releases/186838/img_186838_8.jpg


湿気が多い季節は、カビの発生が特に気なります。しつこいカビや水垢の汚れは約100℃のスチームで簡単に拭き取ることができるうえ、除菌効果もあるため掃除後はカビが生えにくくなります。




画像9: https://www.atpress.ne.jp/releases/186838/img_186838_9.jpg

悪臭の原因にもなる お風呂の排水口の汚れは、除菌もできるスチームクリーナーで徹底洗浄。洗剤を使わないので小さなお子様のいる家庭でも安心して使用できます。



キッチン掃除編
画像10: https://www.atpress.ne.jp/releases/186838/img_186838_10.jpg

気温が高い季節は油のベタベタ汚れが柔らかくなり、冬よりも簡単に掃除ができます。コンロの油汚れを高温スチームで力いらずで掃除することができます。



画像11: https://www.atpress.ne.jp/releases/186838/img_186838_11.jpg

なかなか手が届かないレンジフードの頑固な汚れも、高温スチームで汚れを浮かせて落とすことができます。これで女性のキッチン掃除も簡単に。



ケルヒャー スチームクリーナー
画像12: https://www.atpress.ne.jp/releases/186838/img_186838_12.jpg
画像13: https://www.atpress.ne.jp/releases/186838/img_186838_13.jpg
画像14: https://www.atpress.ne.jp/releases/186838/img_186838_14.jpg

ケルヒャースチームクリーナーは、洗剤などの化学製品を使わずに水だけで家中の汚れをきれいにします。また高温のスチームでバクテリアを99.99%除菌することができます。床、キッチン、浴室の清掃に最適でさまざまな用途にお使いいただけます。
大きなタグと面ファスナー採用により、手を汚さず簡単にクロスを交換できます。

■調査概要
調査主体 : ケルヒャージャパン株式会社
調査対象 : 共働きをしている20~50歳代の既婚男女655名
調査方法 : WEBアンケート
調査時期 : 2019年6月7日(金) ~6月10日(月)


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。