配信元:共同通信PRワイヤー

2019年6月25日

NPO法人 日本FP協会

日本FP協会実施 FP無料体験相談
「くらしとお金のFP相談室」2018年度実施状況

日本FP協会(所在地 東京都港区、理事長 白根壽晴)は、ライフプラン(生活設計)や家計管理等の生活全般にかかわるお金の不安や疑問について、ファイナンシャル・プランナー(FP)への相談を体験できる「くらしとお金のFP相談室」(以下、FP相談室)を札幌・仙台・東京・金沢・名古屋・大阪・広島・福岡の全国8カ所に常設しています。このたび、2018年度の実施状況をまとめました。

■2018年度のFP相談室実施状況 (2019年3月末現在)
2018年度の1年間に実施した相談実施総数は 874件(2017年度:870件)でした。相談の多かった上位3つの相談は、「ライフプランの立て方」「家計収支」「住宅ローン」でした。相談者の中心が30代・40代ということもあり、ライフプラン、家計収支とともに、住宅ローンの新規借入れや見直しに関する相談が多数となりました。続いて、保険、リタイアメントプラン、教育資金、金融資産運用の順となりました。その他詳細は、リリースをご覧ください。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201906187666-O1-1GY6sI9u

FP相談室は、CFP認定者(※)が相談員となり、50分間のFP相談(対面相談)を無料で実施しています。同相談室では、CFP認定者への相談を通じて、生活設計など生活者一人ひとりが抱えるくらしとお金に関する悩みの解決に向けた手助けをしています。
また、FPへの相談を体験していただくことで、ファイナンシャル・プランニングの重要性を知っていただき、FPの役割についても認知してもらうことを目的としています。
(※)弊会が認定するファイナンシャル・プランナー(FP)の上級資格保有者。

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。