配信元:@Press

ライオン株式会社(代表取締役社長・掬川 正純)は、露出した歯の根元にできるムシ歯(根面う蝕)に繋がる歯ぐき下がりの原因の一つであるオーバーブラッシング(※2)を防ぐために、力の入れ過ぎを音で知らせ、ブラッシング圧をコントロールできる『クリニカアドバンテージNEXT STAGE ハブラシ』を2019年7月31日(水)より全国で新発売いたします。
(※1) 国内家庭品ハブラシ市場内(電動ハブラシを除く)。Mintel Japan社製品データベース内(2019年3月当社調べ)
(※2) 歯肉の損傷や退縮を引き起こす、力の入れ過ぎなどの不適切なブラッシングのこと

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/187035/LL_img_187035_1.jpg
商品画像

・商品画像
https://www.atpress.ne.jp/releases/187035/img_187035_1.jpg


1. 発売の狙い
近年、オーラルケアへの意識の高まり等により、大人の残存歯が増加しています(厚生労働省:平成28年歯科疾患実態調査)。それに伴い、歯ぐきが退縮し露出した“歯の根元にできるムシ歯(根面う蝕)”という新たなリスクが高まると言われています。
露出した歯の根元(主に象牙質)はやわらかく、酸にも弱い歯質であるため(※3)、ムシ歯が発症するとその進行が早く、治療もしにくいことから「歯を失うリスクが高い」ため歯科医師も警鐘を鳴らしています。
当社は、「大人のための予防歯科」をサポートするために、根面う蝕までトータルケアする新ブランド『クリニカアドバンテージNEXT STAGE』を2019年2月に立ち上げ、第一弾として『クリニカアドバンテージNEXT STAGE ハミガキ』を発売しました。
この度、根面う蝕に繋がる歯ぐき下がりの原因の一つである「オーバーブラッシング」を防ぐために、しなるハンドルが強すぎるブラッシング圧を低減し、日本初“力の入れ過ぎを「カチッ」と音で知らせる”『クリニカアドバンテージNEXT STAGE ハブラシ』を新発売いたします。
(※3) エナメル質との比較


2. 商品名・価格
商品名:クリニカアドバンテージNEXT STAGE ハブラシ 4列超コンパクト ふつう
クリニカアドバンテージNEXT STAGE ハブラシ 4列コンパクト ふつう
小売価格(コ):オープン価格


3. 発売日・地域
2019年7月31日(水) 全国


4. 商品特長
(1) オーバーブラッシングを防ぐための、しなるハンドルと「カチッ」と音で知らせる機構

<しなるハンドル>
ハンドルがしなることで強すぎるブラッシング圧を逃がし、ブラッシング圧をコントロールします。

<日本初!お知らせアラーム>
力を入れ過ぎた場合には、ハンドルの一部分がしなって強すぎる力を逃がし、「カチッ」という音と振動でお知らせします。

~音が鳴らないようにみがくだけで、力の入れすぎを防ぎ、歯垢を落とす!~
https://www.atpress.ne.jp/releases/187035/img_187035_2.jpg

(2) 奥歯のさらに奥まで届く「極薄ヘッド」
ヘッドの厚みが2.6mmの「極薄」で奥歯のさらに奥まで届く。

(3) 隙間の歯垢をしっかり落とす「弾力フィット毛」

(4) ペングリップで持ちやすく、軽い力でみがきやすい「六角形スリムハンドル」


『クリニカアドバンテージNEXT STAGE』シリーズ ラインアップ

https://www.atpress.ne.jp/releases/187035/img_187035_3.jpg
(左から)
『クリニカアドバンテージNEXT STAGE ハミガキ』(※4)クリアシトラスミント(医薬部外品)
『クリニカアドバンテージNEXT STAGE ハミガキ』(※4)リラックスミント(医薬部外品)
『クリニカアドバンテージNEXT STAGE ハブラシ』4列超コンパクトふつう(新製品)
『クリニカアドバンテージNEXT STAGE ハブラシ』4列コンパクトふつう(新製品)

(※4) 高濃度フッ素(1450ppm)配合。6歳未満への使用は控えて下さい。

ブランドサイト:予防歯科からうまれたクリニカ
https://clinica.lion.co.jp/


<消費者の方> お客様センター 0120-556-913


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。