配信元:@Press

BG BRIDALGALLERY(運営:株式会社BG)は、スマホで首都圏の人気式場100件以上を今すぐ見学できる『バーチャルツアー』を2019年6月25日(火)にリリースしました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/187182/LL_img_187182_1.jpg
バーチャルツアー操作画面

BG BRIDALGALLERY『バーチャルツアー』
https://bgbridalgallery.com/jp/wedding-venue/1/chiba-saintgrace-villa


サイト内に設置された『バーチャル相談』では、会場の雰囲気に詳しいBGのスタッフが、オンラインビデオ相談で結婚式場を紹介。さらに結婚式場とのマッチングをサポートし、花嫁は事前に結婚式場プランナーと相談をすることができます。


【コンテンツ紹介】
1. 『バーチャルツアー』
BGが提供する『バーチャルツアー』は、スマホで結婚式場を見学できる、国内ブライダル業界初(※)のサービスです。2019年6月25日時点で首都圏の人気式場100件以上を掲載しており、館内のチャペル・披露宴会場を見学することができます。
※当社調べ

人生においてかけがえのない1日を過ごす結婚式場を探すにあたり、花嫁は「たくさん見学したい」「たくさん比較したい」という理想に対して、現実は「時間がない」ということから2〜5件の結婚式場を訪問し、成約に至るのが現状です。

共働きや遠距離カップルなど、現代のカップルが抱える「結婚式場探しのための十分な時間がない」という問題、そして「ふたりらしい結婚式が実現できる式場選びを満足いくまで行いたい」というニーズに対してのソリューションとして、株式会社BGは『バーチャルツアー』で結婚式場選びができるサービスを提供します。

高品質かつ高画質、館内を自由に歩き回っているようなスムーズな動きを実現した『バーチャルツアー』を花嫁が見学することで、実際に結婚式場へ訪問した際のイメージギャップが小さくなることも期待できます。

◆今すぐ見学できる結婚式場施設(一部紹介) ※五十音順
浅草ビューホテル/アニヴェルセル 表参道/アニヴェルセル 東京ベイ/アルカンシエル 南青山/ヴィラ・デ・マリアージュさいたま/オリエンタルホテル東京ベイ/学士会館/ザ ストリングス 表参道/ザ・プリンス パークタワー東京/サンルートプラザ東京/シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル/シャトーレストラン ジョエル・ロブション/セルリアンタワー 東急ホテル/立川グランドホテル/八芳園/Palace Hotel Tachikawa(パレスホテル立川)/ヒルトン成田/フォレスト・イン 昭和館/ホテル ザ・マンハッタン/ホテルスプリングス幕張/ホテル日航成田/ホテルニューグランド/ホテルメトロポリタン/明治神宮・明治記念館/代々木VILLAGE by kurkku/リストランテASO/ロイヤルパークホテル/六本木ヒルズクラブ

◆見学ポイント
『バーチャルツアー』の中には、結婚式場のストロングポイントを確認できる「見学ポイント」を設置。結婚式場プランナーが実際に紹介している言葉・イメージを再現したテキスト・写真・動画を『バーチャルツアー』の中で閲覧することで、会場の特徴を事前に確認することができます。


2. 『バーチャル相談』
『バーチャル相談』は、会場の雰囲気に詳しいBGのスタッフが、オンラインビデオ相談で花嫁に最適な式場を紹介する結婚式場マッチングサポートサービスです。

花嫁にとって結婚式場の決め手の1つである「会場の雰囲気」を、匿名・オンラインで今すぐ相談できることが特徴です。さらに詳しい情報を知りたい場合は、BGの『バーチャル相談』を通じて結婚式場プランナーを紹介し、式場へ足を運ぶ前に、自分たちのこだわりについて確認することができます。


【会社概要】
会社名 : 株式会社BG(日本綜合テレビグループ)
代表取締役CEO: 脇山 典隆
取締役社長 : 一色 徳宣
所在地 : 東京都新宿区西新宿4-15-7
設立 : 2017年7月
URL : https://bgbridalgallery.com/jp/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。