配信元:共同通信PRワイヤー

2019年7月27日

グローバル電子株式会社

「シエスタBeBe」が大和市の子育て支援「赤ちゃんまもるくん2」の指定製品に選定され、市内保育園に順次導入されます。

グローバル電子株式会社(代表取締役:松田 樹一/所在地:東京都新宿区)が販売する「シエスタBeBe®」が、2019年神奈川県大和市の子育て支援「赤ちゃんまもるくん2」の指定製品に2年連続で選定され、2019年6月より市内94施設予定数90台が順次導入されます。

同取り組みは、市内すべての保育施設に通う乳幼児を対象に体動センサーを購入することで睡眠時の安全対策を強化し、保護者がより安心して乳児を預けることができる保育環境を整えることを目的としています。今後も、同市をはじめとする日本全国の子育て支援や保育の一助となるよう、乳幼児の安全を第一に考え、より多くの保育施設へ「シエスタBeBe」をお届けすることを目指してまいります。

ベビーセンサー「シエスタBeBe」について
シエスタBeBeは保育園向けに開発された日本製の乳幼児用体動センサーです。寝具の下にセンサーマットを設置し、睡眠中の乳幼児の体の動きから呼吸数を測定します。20秒間、数値が測定されない場合(無呼吸状態とみなす)、本体コントローラーから警報音とランプでお知らせします。 

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201906257918-O4-dp20lY34

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201906257918-O6-hEC2H6SZ

○布団と床でお昼寝をする日本の保育環境に合わせた高いセンシング性能
○iPadで午睡チェックアプリ「ホイミン」※1と連動し、午睡チェックシートを簡単に作成できます。
○第12回キッズデザイン賞 /第31回中小企業優秀新技術・新製品賞「優良賞」受賞製品です。

分類 一般医療機器[クラスⅠ]
届出番号 12B2X10018ME0901
総販売元 グローバル電子株式会社
製造販売元 グローバルマイクロニクス株式会社

SIDS(乳幼児突然死症候群)と予防について
SIDS(乳幼児突然死症候群)は予兆や既往歴もないまま死に至る原因不明の疾患で窒息などの事故とは異なります。原因は複合的であり、根本的な予防方法は未だ確立していません。保育現場では予防として、乳幼児の睡眠中、保育士による5分毎の目視、寝姿勢の向きの記録を行う午睡チェック等行われています※2。昨今、この保育士の業務サポートと乳幼児の睡眠時の呼吸停止状態をいち早く発見することを目的にセンサー機器※3の導入が進められています。

※1│シエスタBeBeスマート専用アプリ 「Hoimin(ホイミン)」 開発:保育ICT株式会社
※2│各自治体、施設で実施内容は異なります。一般的に0歳児で5分、1歳児で10分毎などの確認と記録が行われています。
※3│シエスタBeBe及び乳幼児センサーはあくまでも体動センサーとして、体動の異常を検出し警報音を発して知らせるもので、それらの原因の根本的予防及び診断・治療を目的とするものではありません。
参考文献:「睡眠中の見守りのポイント」 託児ママ マミーサービス 代表 中村 徳子 氏

お問い合せ

シエスタBeBeに関して 
グローバル電子株式会社
医療機器事業部 福祉チーム
電話 03-3260-1107(平日9:00~17:30)
www.siestabebe.jp

プレスリリースに関して
グローバル電子株式会社
経営企画室 Marcom部
マレ ホルヘ/野本 花枝
電話 03-3260-1412

グローバル電子グループについて  https://www.global-electronics.info/
グローバル電子グループは、海外製電子部品やシステムの販売をコアビジネスに、アナログ応用製品、センサー製品などの自社製品の企画・開発・製造を行っております。2005年からは医療機器の企画・開発・製造から販売も開始。金属加工など新たな分野に進出しており、お客様に高い付加価値サービスをご提供できる“電子機器総合企業”として社会に貢献します。

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。