配信元:共同通信PRワイヤー

2019/06/27

東リ株式会社

『タイルコレクション 2019-2022』 7/26(金)発刊

東リ株式会社(本社:兵庫県伊丹市 代表取締役社長:永嶋元博)は、本年7月26日より、ビニル床タイルのサンプル帳『タイルコレクション2019-2022』を発刊します。


【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201906257881-O1-7LRIw9f5


『タイルコレクション 2019-2022』は店舗や住宅などさまざまな施設に対応したビニル床タイルのサンプル帳です。業界最多クラスのバリエーションを誇る「ロイヤルシリーズ」では、ビニル床タイルとしては世界初(※1)の形状、不等辺四角形の「テトラ」や、1品番を施工するだけで複雑なデザイン貼りをしたような見栄えになるイージーパターンなどさまざまなサイズやデザインの商品をラインアップ。またワックスメンテナンス不要の「イークリン」はその性能を上げ、NW-EXとして生まれ変わりました。デザイン・機能ともに新しいアイテムを多数収録したサンプル帳です。
(※1)当社調べ

■掲載商品概要・特長(新柄・新商品抜粋)

 ●<ロイヤルシリーズ(ロイヤルストーン・ロイヤルウッド)>

  1)不等辺四角形「テトラ」、ダイナミックな「900mm×900mm」をラインアップ
   世界初の形状、不等辺四角形「テトラ」が登場。試行錯誤の上に生まれた「テトラ」は組合せ
    パターンにより、空間デザインの幅をさらに広げます。また大判の900mm角を発売。ダイナ
   ミックな空間演出が可能となりました。

  2)1品番で簡単!貼り栄え抜群のイージーパターン
   手間のかかるパーケット貼りやヘリンボーン貼りなどを、1品番を施工するだけで実現できる
   イージーパターンの商品を増強しました。

  3)「ルミナス」のバリエーションを拡充
   輝きが変化する独自意匠表現(※2)の「ルミナス」。人気のサクラ柄に「マンカイザクラ」「サ
   キゾメサクラ」が加わりグラデーションによる貼り分けが可能に。更に、新柄「シロガネ」と
  「ヤバネ」が登場。銀細工のような床材はシャープさと温かみを兼ね備えます。また、ルミナス
   の手法を使って石の煌めきや結晶感をリアルに再現した「ルミナス ストーン柄」もラインアッ
   プし、ルミナスのバリエーションが豊富になりました。
   (※2)反射エンボスを床材に施した新技術(特許出願中)

   規 格   :  全厚 3.0mm 
                       サイズ 300mm×300mm、450mm×450mm、600mm×600mm、
                    900mm×900mm、150mm×900mm、不等辺四角形  他
    価 格     : 4,400円~6,300円/㎡(税抜き価格)
    アイテム数 : ロイヤルストーン 217アイテム(NEW 98アイテム)
                ロイヤルウッド 146アイテム(NEW 50アイテム)
      

 ●<イークリンNW-EX> NEW
  ワックスメンテナンス不要の「イークリンシリーズ」が防汚性能をレベルアップして新発売
    2010年の発売以来、商業施設等を中心にご採用いただいている「イークリンシリーズ」が
    防汚性能を上げ、NW-EXとなりました。商業施設など頻繁にワックスがけが必要な空間に最
    適です。またデザインも一新。さらにロイヤルシリーズの中からイークリンシリーズへの特
       注対応も可能です。(一部対応していない品番があります)


    規 格   : 全厚 3.0mm 450mm角、150×900mm
      価 格   : 5,900円/㎡(税抜き価格)
    アイテム数 : 35アイテム

■サンプル帳概要

  サンプル帳名: タイルコレクション 2019-2022
  掲 載 商 品 : 「ロイヤルストーン」「ロイヤルウッド」「イークリンNW-EX」
          ビニル床タイル8品種およびファブテックシリーズ・巾木・目地棒 他

■発売日
  2019年7月26日(金)

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。