配信元:@Press

KTCスマイルケア株式会社(愛知県長久手市、代表:前田 益見)が愛知県・福岡県で運営する放課後等デイサービス「はぐぽん」は、障害を持つ子どもたちの未来の選択肢を広げるため、様々な学び・体験をお届けする新しい放課後等デイサービスのカタチです。
この度、福岡エリア3号店として5月にOPENした「はぐぽん千早南教室」の教室見学体験会を、7月20日(土)に実施します。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/188707/img_188707_1.jpg
はぐぽんの特徴の1つが『未来の架け橋レッスン』 千早南教室では「護身術」や「HIP HOPダンス」「英語」などたくさんの講座から自由に選択できるので、今まで気づかなかった興味を発見できます。今回の教室見学体験会では、その中でも子どもたちに大人気の『ブロック教室』を実際に体験して頂けます。楽しみながら、子どもたちの“ジブンでできる”を育むこのプログラムを、是非体験しに来てください。

【教室見学説明会詳細】
■日時:7月20日(土) 10:00~11:30 / 13:00~14:30
■場所:福岡市東区舞松原2-11-12 KPビル2F
■内容:教室見学 / 説明会 / ブロック教室体験
■申込み方法:メール(chihaya@hugpon.jp) もしくは 電話(092-672-7950)
※お子様の名前 ・ 学校名 ・ 学年 ・ 希望時間 ・ 参加人数
受給者証の有無をお知らせ下さい。

◆はぐぽんは「子どもたちの未来の架け橋になる」を合言葉に、学びやコミュニケーション、様々な体験をお届けする新しい放課後等デイサービスのかたちです。はぐぽんには、子どもたちの未来の選択肢を広げる4つのポイントがあります。
1)安心安全、のびのび空間
2)ルールやマナーを身につける「未来の架け橋サポート」
3)興味の幅を広げる多様な「未来の架け橋レッスン」
4)子どもの成長を共に楽しむ「ママ・パパサポート」
詳しくはHPを御覧ください。

※放課後等デイサービスとは?
児童福祉法を根拠とする、障害のある学齢期児童が学校の授業終了後や学校休業日に通う、療育機能・居場所機能を備えた福祉サービス。
「障害児の学童保育」とも呼ばれる。



詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。