配信元:共同通信PRワイヤー

2019年7月19日

全国共済農業協同組合連合会

いきものがかりの楽曲『太陽』にのせて送る
JA共済 「働くわたしのささエール」 新TV-CM
ピンチの後にチャンスあり!?勝利の女神が微笑むのは…
有村架純さんが将棋の“師匠”と真剣勝負!
「将棋」篇 
2019年7月22日(月)から全国で放映開始

 JA 共済連(全国共済農業協同組合連合会・代表理事理事長 柳井 二三夫)は、有村架純さん・浜辺美波さん出演、いきものがかりさん楽曲提供の強力タッグでスタートした、生活障害共済「働くわたしのささエール」の新TV-CM第3弾「将棋」篇(15秒・30秒)を、2019年7月22日(月)より全国で放映開始いたします。


【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201907188837-O1-D9jJQKq6
JA共済 新TV-CM「将棋」篇より

■TV-CMについて

 ライフアドバイザーの有村架純さんとその妹役の浜辺美波さんの日常生活を、いきものがかりの楽曲『太陽』にのせて描いたJA共済のTV-CMシリーズは、今春の第1弾放映以来、資料請求の件数が大幅に増加し、SNS上でも「有村架純さんと浜辺美波さんが姉妹役なんて可愛すぎる」「いきものがかりとのタッグが最高」という投稿がたくさん寄せられるなど、大変多くの皆様から好評をいただいています。

 最新作の舞台は、地元の人々でにぎわう将棋道場です。子供の頃から負けっぱなしで、勝手に“師匠”と呼んでいる常連のおじいちゃんに対して、いつものように勝負を挑んだものの、またしても防戦一方の有村さん。しかし、師匠直伝による、ピンチの後の重要性を説く有村さんの一手が、思わぬ展開を呼びます。

 一番の見どころは、自らが招いたミスを突く師匠に焦りまくる有村さんをはじめ、反撃に転じた際のドヤ顔、そして、劇的な結末にイマイチピンときていない時の不思議そうなリアクションなど、コロコロと変わる有村さんの魅力的な表情です。将棋をテーマに、地域の人たちとのコミカルなやり取りを描いた、ほのぼのとするストーリーを通じて、働けなくなった時のリスクに備える生活障害共済「働くわたしのささエール」のメッセージを、印象的に訴求していきます。

■CMストーリー

「将棋」篇(30秒)
 地元の人々でにぎわう近所の将棋道場にて。子供の頃から将棋好きで、よくこの道場に顔を出している有村さんが、勝手に「師匠」と呼んでいる常連のおじいちゃんと勝負しています。盤上に駒を打った後、もっと良い手があることに気づき、「あっ、ちょっとおまちを」と声に出しますが、時すでに遅く、師匠が「人生にまったはないといったでしょ」と苦言を呈しつつ、次の一手を指してしまいます。ふいに陥った窮地に、思わず動きが固まってしまう有村さん。それでも、即座に挽回の策がひらめき、「ピンチの後が大事とも言われましたっ」と自信満々の表情で反撃の一手を放つと、今度は逆に師匠が渋い表情で固まってしまいます。

 ここで、訪問先でお客様に「働けなくなったその後の生活をささエールです」と資料を手渡し、「ピンチの後こそ」と説明している仕事中の有村さんのカットが入ります。再び画面が将棋道場のシーンに切り替わると、「負けました」と頭を下げる師匠。思わぬ結末に、一瞬キョトンとする有村さんですが、すぐさま勝利の喜びが湧いてきて「勝ちました」と笑みを浮かべます。そこへ、偶然将棋道場の前を通りかかった浜辺さん。楽しそうに将棋をしている有村さんの姿を見つめながら、「お姉ちゃんは運がいい。まだ気づいてないけど」と心の中で呟いています。

■撮影エピソード

◇コロコロと変わるチャーミングな表情に視線釘付け!
 有村さんが勝った(相手が詰んでる)ことにイマイチピンときていないシーン。ここでは、カメラを長回しして、さまざまなバリエーションの「ん?」という表情を演じていただきました。有村さんのアドリブで、コロコロと変わる表情はいずれもチャーミングで、カットが掛かった瞬間、現場のあちこちから「かわいい~」という声が聞こえ、うっとりとした表情を浮かべるスタッフが続出しました。

◇将棋道場のリアルな雰囲気を演出するこだわりの数々
 劇中ではあまり映らない盤面にもこだわり、対戦する二人には、実際に「ピンチの後に逆転できる」ような手を打っていただきました。有村さんは将棋の専門家から説明を受ける際、駒を指す順序についての飲み込みが早く、「それだと、次はこうなりますかね?」とご自身で展開を予想する場面も。以前、将棋の映画に出演した時、相当練習されただけに、打ち姿もとても美しく、すっかり様になっていました。ちなみに、将棋道場のリアルな雰囲気を再現するため、周りで将棋を打っている人もほとんどが上級者。休憩中も勝負を続ける人が多くいて、盤上に駒を打つ心地よい音が響き渡っていました。

◇有村さんが老後に住んでみたいお家とは!?
 ライフアドバイザー役の有村さんがお客様を訪問するシーンは、住宅街の一軒家で撮影しました。休憩中、緑に囲まれた素敵な景観や、ゆったりとした間取りを眺めていた有村さんは「老後はこんなところでゆっくりしたいな」とポツリ。その言葉を聞いていたスタッフの「かすみちゃんの老後なんて想像できないよ(笑)」というツッコミに、一同吹き出してしまうひと幕がありました。

◇憎めない妹キャラを演じる浜辺さん絶妙のナレーション
 収録の都合上、有村さんとは別の日に撮影することとなった浜辺さん。目の前で、有村さんが将棋を打っているところを見ていないにもかかわらず、CMのラストを飾るナレーションを臨場感たっぷりに演じていました。お姉ちゃんを客観的に観察しながらも、ちょっぴり毒を吐く――そんな憎めない妹のキャラクターがにじみ出る、浜辺さんの存在感にもご注目ください。

◇スタッフのミスを帳消しにする見事なリカバリー
 浜辺さんのセリフ録りの際、気合いを入れて臨んだテイクで突然、スタッフのレシーバーが鳴ってしまうアクシデントが発生しました。それでも全く集中力を切らすことなく、次のテイクで最高の演技を披露し、見事にOKを獲得した浜辺さん。その姿を、ハラハラしながら見守っていた、レシーバーを鳴らしたスタッフも、ホッと胸をなで下ろしていました。

■有村架純さん インタビュー

――今回のCMは“将棋道場”を舞台に描いておりますが、CM撮影はいかがでしたか?
 ロケ場所は小さな商店街で、きっとお隣同士もとても仲が良いんだろうなっていうようなお店がたくさんありました。その中の一部をお借りして“将棋道場”という設定でやらせていただき、その街の雰囲気がうまくリンクしていたかなぁと思います。以前出演した映画でも、将棋の指し方は教わっていて、練習のためにマネージャーさんと2人で指していたのでルールも覚えていて、その経験も活きましたね。

――CM撮影で大変だったことはありましたか?
 ワンカットずつでいろんな表情が必要で、どういう表情をしたらユニークに映るかなぁと考えながら演じています。考えているシーンでは、あごに手をかけてみたりとか。毎回そのあたりを気にしながらさせていただいています。

――CMでは「人生に“待った”はない」「ピンチの後が大事」という印象的なセリフが登場しますが、公私問わず、有村さん自身「その通りだな」と実感するエピソードがありましたら、お聞かせください。
 お仕事を忙しくさせていただけるのはとてもありがたいですし、それを望んでいたので毎日がもちろん夢のようなのですが、物理的にセリフを覚える時間がないとか、セリフを覚える頭に余裕がないとか、そういう時に「“待った”はない」っていうような感覚になる時もあります。セリフを覚えられないけど明日は来るしなぁみたいな(笑)。あとは、年齢を重ねていくことですかね、そこは待ってくれないから(笑)。歳をとってからの体質だったりというのもケアしていけたらいいなって思います。

――CMでは師匠のおじいちゃんから教わった言葉を思い出して一発逆転…というストーリーですが、実際に周りの方から言われて心に残った言葉はありますか?
 朝ドラをやってた時、周りの女優さんの方々に、もし私に何かあったとき、「『必ず守ろうね』っていう会話をしてたんだよ」という言葉をいただいて、守ってくれる人たちが周りにいるってすごい幸せなことだなって思いました。私自身も逆の立場になった時に、主役の方をしっかりと守っていけるような器にならなきゃなって思いました。

――CMは真夏の設定ですが、今年の夏、新たに挑戦したいことはありますか?
 花火大会とかお祭りにもしばらくいってないので、そういうイベントごとを楽しんでみたいなって思います。花火は何年もやってないかもしれないです。バーベキューしたいねって友達と言ってたりもするし、夏にしかできないアウトドアも何かできたらいいなって思います。

■資料請求の件数が約30倍に!
生活障害共済「働くわたしのささエール」資料請求キャンペーン中 

 有村架純さんがライフアドバイザー役に扮する本CM。シリーズ開始から好評をいただき、お客様からの生活障害共済「働くわたしのささエール」の資料請求のお問い合わせが約30倍※に増えております。現在、資料請求をしていただくと、もれなく「オリジナルA4クリアファイル」がもらえるキャンペーンを実施中です。さらに、資料請求された方の中から抽選で「ALINCO プログラムバイク6215」と「直筆サイン入りオリジナルキャンバスアート」が、セットで当たります。
※前作CM・資料請求キャンペーンを開始した6/24~7/17間における前年比

・キャンペーン期間
2020年3月10日(火) まで

・応募締切
【第1期】2019年9月30日(月) 
【第2期】2019年12月31日(火) 
【第3期】2020年3月10日(火)

・応募方法
キャンペーン期間中に生活障害共済の資料請求していただいた方に、「オリジナルA4クリアファイル」をもれなくプレゼントいたします。また、資料請求していただいた方の中から抽選で、「ALINCO プログラムバイク6215」と「直筆サイン入りオリジナルキャンバスアート」がセットで5名様に当たります。
※クリアファイルはご請求いただいた資料に同封して発送させていただきます。
※抽選による当選賞品はキャンペーン事務局より発送させていただきます。
※賞品の仕様・デザインは変更となる場合があります。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201907188837-O2-nTX7e9op
オリジナルA4クリアファイル

・プレゼント名
もれなくプレゼント:生活障害共済「働くわたしのささエール」オリジナルA4クリアファイル
抽選でプレゼント:「ALINCO プログラムバイク6215」、「直筆サイン入りオリジナルキャンバスアート」セット 5名様
※オリジナルキャンバスアートに記載するご当選者様のお名前は、資料請求時に記載いただいたお名前を入れさせていただきます。
※上記の写真は第1期の賞品です。第2期以降の賞品については変更となる場合がございます。

・お問い合わせ
生活障害共済「働くわたしのささエール」資料請求キャンペーン事務局
メールアドレス:info@ja-lifeadvisor.jp
メール返信対応時間:2019年6月24日(月)~2020年4月30日(木)
10:00~17:00[土・日・祝日・年末年始(12/28~1/5)を除く]

その他の詳細は、生活障害共済「働くわたしのささエール」特設サイトを参照ください。
https://www.ja-lifeadvisor.jp

■プロフィール
     
◇有村 架純<ありむら かすみ>
生年月日: 1993年2月13日
出身地  : 兵庫県

◇浜辺 美波<はまべ みなみ>
生年月日:2000年8月29日
出身地:石川県

◇いきものがかかり
水野 良樹:ギター
生年月日:1982年12月17日

吉岡 聖恵:ヴォーカル
生年月日:1984年2月29日

山下 穂尊:ギター&ハーモニカ
生年月日:1982年8月27日

■CM概要
                                           
広告主名:JA共済連
タイトル:生活障害共済「働くわたしのささエール」
新TV-CM「将棋」篇(15秒・30秒)
出演:有村架純、浜辺美波
CM楽曲:『太陽』/いきものがかり
放映日:2019年7月22日(月)~
放送地域:全国
生活障害共済「働くわたしのささエール」特設サイト:https://www.ja-lifeadvisor.jp
※新TV-CM「将棋」篇(15秒・30秒)は、7月22日(月)に特設サイトにアップ予定です。

■制作スタッフ
                                       
ECD:阿部祐樹 CD:今井政広
PL:佐藤一貴 AD:佐藤香織
CP:草苅裕子 Cas:早崎志歩、小峰顕介
Pr:吾郷マキ  PM:殿村晋作、稲葉芽里、佐藤諒文、駒井瑠公
演出:小松真弓 撮影:重森豊太郎
照明:大竹均 美術:部谷京子
スタイリスト:瀬川結美子(有村さん)、有咲(浜辺さん)、小野和美(その他出演者)
ヘアメイク:尾曲いずみ(有村さん)、鎌田順子(浜辺さん)、山田今日子(その他出演者)
録音:坂戸剛

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。