配信元:共同通信PRワイヤー

第12回シンガポール国際エネルギー週間への参加登録始まる

AsiaNet 79484

第12回シンガポール国際エネルギー週間への参加登録始まる

【シンガポール2019年7月19日PR Newswire】2019年第12回シンガポール国際エネルギー週間(SIEW)への参加登録が開始されました。

SIEWはエネルギー市場監督庁が開催し、同じ場所で1週間にわたって開催される会議と展示会で世界のエネルギー業界のリーダーが集まって今年のテーマである「エネルギー変換の加速(Accelerating Energy Transformation)」について語ります。

チャン・チュン・シン貿易産業相による開幕の辞に続き、シンガポール・エネルギーサミットでは政府、産業、学界のトップリーダーがエネルギーの変換、電化、デジタル化(Transformation、Electrification、Digitalisation)を含む重要なトピックに関する知見に富む議論が展開される予定です。

参加する世界のエネルギー業界のリーダーは以下の通り:

*ビル・ジョンストン氏: 西オーストラリア州工業石油・エネルギー、産業関係相
*八田達夫氏:  電力・ガス取引監視等委員会(EGC)委員長
*豊田正和教授: 日本エネルギー経済研究所(IEEJ)理事長
*フランチェスコ・ラ・カメラ氏: 国際再生可能エネルギー機関(IRENA)事務局長
*リチャード・モーニングスター大使:  Atlantic Council Global Energy Center創立会長
*パディ・パドマナサン氏:  ACWA Power社長兼最高経営責任者(CEO)
*シャルビニ・スハリ氏:  Sarawak Energyグループ最高経営責任者(CEO)
*セドリック・ネイケ氏: シーメンス、スマートインフラストラクチャー担当CEO
*マーティン・J・ヒューストン氏:  Tellurian副会長
*マリアンヌ・レイノー氏: フランス電力(EDF)上級執行社長
*ノーマン・ベイ氏:  Willkie Farr & Gallagher LLP、パートナー、元FERC会長
*セス・タン氏:  Infrastructure Asia、エグゼクティブディレクター

また、アセアン電力事業者会議(Heads of ASEAN Power Utilities and Authorities、HAPUA)の2019年度年次理事会がSIEWに合わせて開催され、地域エネルギー関連問題を討議されます。なお第3回シンガポール-国際エネルギー機関(IEA)フォーラムは、東南アジア地域のエネルギーの展望が発表されます。

2019年のSIEWシンクタンク・ラウンドテーブルでは、新しいホストとしてドイツのAGORA Energiewendeおよび米国のAtlantic Councilを迎え、他の主要なエネルギー国際組織とともに、電力システムの変換、エネルギーと輸送、再生可能エネルギーとバイオ燃料といった題材が議論されます。SIEWと提携するアジア・クリーンエネルギー・サミット(Asia Clean Energy Summit、ACES)(https://www.asiacleanenergysummit.com/ )、アジア・ダウンストリーム・サミット(Asian Downstream Summit、ADS)(https://www.downstream-asia.com/ )、ガス・アジア・サミット(Gas Asia Summit、GAS)(https://www.gasasiasummit.com/ )も今年のSIEWで新しい取り組みを紹介し、ACESではクリーンエネルギーへの投資拡大を目指す地域投資家フォーラム、「アジアにおける気候変動およびクリーンエネルギーファイナンシング・フォーラム(Asia Forum for Climate and Clean Energy Financing、AFCCEF)」が初めて同会場で開かれます。またADSアワードでは新たに「シンガポール最優秀イノベーションプログラムと若手エンジニア(Best Innovation Programme in Singapore and Young Engineer)」賞が初めて贈呈されます。

SIEW 2019は10月29日から11月1日まで、シンガポールのマリーナベイ・サンズのサンズ・エキスポ&コンベンションセンターで開催されますが、最大で500シンガポール・ドルの早期割引を受けるには、2019年8月31日までにwww.siew.sg で参加登録をすることが必要です。

###

▽シンガポール国際エネルギー週間(SIEW)について
第12回を迎えるシンガポール国際エネルギーウィーク(SIEW)は、エネルギーの知見や、パートナーシップ、意見交換のため、アジアにおける最高のプラットフォームである。一週間にわたる集会で世界的主要な会議や展示会、ラウンドテーブルが同時に行われる。SIEWは政界やビジネス業界、学界におけるエネルギー産業のオピニオンリーダーを集めることによって、世界的エネルギー対話を充実し、石油とガソリン、クリーンエネルギーと再生可能エネルギー、エネルギーインフラストラクチャー金融のエネルギー領域にわたり、エネルギーに関する世界的課題やソリューション、活動を定義しながら促進する集会である。より詳しい情報はwww.siew.sg を参照。

▽エネルギー市場監督庁(EMA)について
シンガポールのエネルギー市場監督庁(EMA)は、通商産業省に属する法定機関である。同機関の主な目標は、確実かつ安全なエネルギー供給を保証し、エネルギー市場での効果的な競争を促し、シンガポールにおけるダイナミックなエネルギー部門を開発することである。活動を通じ、同機関は持続的成長に向けた進歩的なエネルギー環境を創出するよう尽力している。より詳しい情報はwww.ema.gov.sg を参照。

▽メディア問い合わせ先
Ms Chin Kai Li
Energy Market Authority
Tel: +65 6376 7479
Email: CHIN_Kai_Li@ema.gov.sg

Ms Charis Pek / Ms Kimberly Bracken
Edelman for Singapore International Energy Week
Tel: +65 6347 2342 / +65 6347 2352
Email:  SIEWMedia@edelman.com

(日本語リリース:クライアント提供)


徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。