配信元:共同通信PRワイヤー

XCMGのGlobal Operator Excellenceプログラムは建設機械業界向けにオールラウンド人材を育成

AsiaNet 79754(1357)


【徐州(中国)2019年7月19日PR Newswire=共同通信JBN】XCMGは、同社のGlobal Operator Excellenceプログラム(以下、プログラム)の第10回オペレータートレーニングセッションを成功裏に開催した。最終試験はXCMGの杭打ち機械の専門的で知的な製造拠点で開催された。XCMGの経験豊富な専門家やインストラクターが率いるこの夏季プログラムには、中国の16省から25人と7カ国から16人の研修生が参加した。

プログラムの最新セッションでは25日間にわたり、海外のサービスエンジニアとロータリー掘削装置オペレーターのための2つのクラスが開催された。XCMGは、パイロットおよび動的システムの導入と調整、製品構造の原則、海外のサービス仕様を網羅した研修生向けの学習プランをカスタマイズし、あらゆる面で全体的なスキルの向上を可能にしている。

XCMGのスー・ユアン氏は「XCMGは、市場のニーズと方針の指針に従い、当社の建設機械ソリューションセット戦略を拡大して、高度なスキルを備えた人材開発を盛り込み、設備の運用、保守、管理できる準備が十分に整っているオールラウンドのオペレーターやサービス人材を提供している。これは当社の持続可能な開発哲学に合致している」と述べた。

研修生はまた、XCMGの歴史、文化、社会的責任を理解するために、XCMGのインテリジェント製造(IM)拠点を訪問し、セミナーに出席し、公共サービス活動に参加した。

このセッションを受講した16人の国際研修生は、メキシコ、セルビア、ザンビア、フィリピン、マレーシア、パキスタン、サウジアラビアから参加した。

サウジアラビアにあるDMC社の海外サービスエンジニアであるハニー・G・セレイム氏は開会式で「このトレーニングを貴重な学習の機会として受講し、学んだ知識とスキルを自分たちの財産にする。このトレーニングを入念に企画し、熱心に準備してくださったXCMGのリーダーとスタッフに心からの感謝をしたい」と述べた。

このプログラムは、XCMGによる精密に配置された14のプロジェクト「For Better Life」グローバル公共福祉キャンペーンの一環で、2016年の開始以来、世界中の300人以上の研修生に恩恵をもたらしてきた。10セッションにわたる29のクラスは「一帯一路」沿いの23カ国から600人以上の海外サービスエンジニアとオペレーターをサポートしてきた。


▽XCMGについて
XCMGは76年の歴史を持つ多国籍の重機製造企業で、現在、世界の建設機械業界で6位にランクされている。XCMGは世界の183を超える国・地域に輸出している。

www.xcmg.com 、Facebook、Twitter、YouTube、LinkedIn、Instagramを参照。

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20190719/2529462-1

ソース:XCMG

画像添付リンク:
http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=341331

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。