配信元:@Press

ロングセラーのダイエット食品『マイクロダイエット』を展開するサニーヘルス株式会社(本社:東京都中央区/代表取締役社長:西村正弘)は、ダイエット情報発信サイト【microdiet.net】にて調査レポート『甘~い桃は太らない?桃のダイエット効果』公開いたしました。

https://microdiet.net/diet/001193/


7~9月に旬を迎える桃。甘く瑞々しい桃は、暑い夏にこそ美味しく感じられますよね。
桃の原産国は中国で、昔から邪気を払い不老長寿を与える植物として親しまれてきました。

今でもお祝い事の際には、桃を象ったまんじゅうである「桃まんじゅう」を食べる習慣があります。日本でも弥生時代には食べられていたようです。現在では山梨県、福島県、長野県で多く生産されています。多くの品種があり、収穫時期では、早生種、中生種、晩生種の3つに分けられます。桃は収穫できる期間が10日間前後と短く、早生種に始まり中生種、晩生種へとシーズン中に店頭に並ぶ品種は次々に変わっていきます。

■甘い桃は太らない?

桃は甘いので、太りやすいのでは?という心配があるかもしれませんが、基本的に低カロリー、低脂肪ですので極端に食べ過ぎなければ問題はありません。桃1個(300g)あたり約100キロカロリー、脂肪は0.1gです。

ただ注意したいのが、フルーツに含まれている糖の中で最も大きな比率を占めている「果糖」です。砂糖の1.5倍程の甘さがありながらも、血糖値の上昇には直接的には関わっていませんが、果糖の過剰摂取は中性脂肪の蓄積を招いてしまうとされています。
ですので食べるタイミングとしては、体内時計によって体が太りやすくなっている夜に食べるよりも、朝や日中に食べることをおすすめします。適量を食べる分には太る心配はいりません。

■桃のダイエット効果

【食物繊維】
腸内環境を整え、ダイエットや美肌、便秘解消に効果があるといわれている食物繊維は、桃100gあたりに約1.3gが含まれています。食物繊維が多いイメージのバナナよりもやや多い量です。桃の食物繊維は不溶性食物繊維と水溶性食物繊維のバランスが良いのが特徴です。
水溶性食物繊維は、名前の通り水に溶ける種類の食物繊維。水分保持力が強く、水に溶けるとドロドロのゲル状に変化します。この粘性が、ダイエットに効果を発揮します。

糖質(炭水化物)の消化・吸収を緩やかにし、血糖値の急上昇を防ぐ効果、コレステロールなどの余分な脂質を吸着し排出するなど、体への吸収を抑制する作用があります。また、腸の粘膜を守る効果、善玉菌を増やす効果もあるため、整腸作用があります。
不溶性食物繊維は水に溶けない食物繊維で、便のかさ増しや、腸を刺激して蠕動(ぜんどう)運動を活発にし、便通を促進します。

【カリウム】
桃100gあたりに約180mgのカリウムが含まれています。
カリウムを十分に摂ることで体内の塩分バランスが整えられ、余計な塩分を排出して体の塩分濃度や水分量を調整する働きがありますので、むくみの解消に効果があります。むくみやすい人や塩辛いものが好きな人は、カリウムの多いものを積極的に摂取してみてください。

【ナイアシン】
水溶性であるビタミンB群の一種であるナイアシンは、美肌効果や冷え性改善に効果があるといわれ、桃100gあたり0.6mg含まれています。
ナイアシンは酵素の働きを助ける重要な存在で、皮膚や粘膜の健康維持には欠かせません。糖質や脂質のエネルギー代謝にも必要な栄養素です。

【ビタミンC,E】
特筆するほど多く含まれている訳ではありませんが、桃には美容に必須のビタミンC、Eが含まれています。ビタミンC、Eのどちらにも強い抗酸化作用があり、活性酸素による体細胞や血管の酸化を防ぐ抗酸化作用があり、老化のスピードを抑える働きを持っています。

こうした抗酸化作用により悪玉コレステロールの酸化を抑制し、過酸化脂質の生成を防ぎ、様々な生活習慣病にかかるリスクを低下します。抗酸化作用は肌にも働きますので、保湿や美白作用などにも関わっています。
ビタミンEは末梢血管を広げ血行を良くする働きもあり、血行障害からくる肩こり、頭痛、冷え性等の症状を改善する効果もあります。


■美味しい桃の見分け方

美味しい桃を見分けるポイントは、左右対称になったきれいな丸い形をしていて、皮が全体的に赤っぽいものを選ぶことです。白っぽいもの、薄いピンクのものより濃い色のものが良いでしょう。常温で保存し、食べる2~3時間前に冷蔵庫に入れましょう。ずっと冷蔵庫に入れっぱなしにしていると甘味が落ちるだけでなく、萎びてしまいます。

生のまま食べてももちろんおいしいですが、ひと手間加えて、コンポートやジャムにすると生とはまた違ったおいしさを楽しむことができます。
桃の皮がむきづらい時は、熱湯につけてから氷水で冷やすとむきやすくなります。


さらに詳しい説明はmicrodiet.netの最新の記事
『甘~い桃は太らない?桃のダイエット効果』をご参照ください。
https://microdiet.net/diet/001193/


■microdiet.netとは

microdiet.netは栄養学を専門に学んできた管理栄養士、数百名の方々のダイエットサポートを経験したスタッフの協力のもとに、正しい知識を知っていただくための情報を発信します。

また、国内・海外のダイエットに関連するニュース、独自でリサーチした結果を公開しております。

弊社ではこのサイトを通じて、ダイエットは自分の意識と工夫次第で結果が大きく違ってくる点、また自分自身の生活や健康についても、多くの方が考えるきっかけとなればと考えております。


■ダイエット食品『マイクロダイエット』について

「必要な栄養素をきちんと摂れば、摂取カロリーを抑えても健康を害さずにダイエットできる」というベリー・ロー・カロリー・ダイエット(VLCD)理論に基づいて、1983年に英国で開発されたダイエット食品が『マイクロダイエット』です。

通常の食事を『マイクロダイエット』に置き替えることにより、摂取カロリーを減らし、健康的なダイエットを目指します。

個人の生活や体質などが減量にはさまざまな影響を与えており、生活習慣 の見直しが必要になります。

英国で開発された『マイクロダイエット』は世界41カ国での販売実績で、サニーヘルス(株)が日本で発売を始めたのは1989年、以来360万人以上の方々に利用されてきました。その間さまざまな研究が行われ、多くの専門機関でも利用されています。

『マイクロダイエット』は、ドリンク・リゾット&パスタ・シリアル・プレミアムなど全16種類ラインナップをご用意しています。

発売から30年間、多くのダイエットが流行しましたが、『マイクロダイエット』はずっと安全性、確実性が高いダイエットとしてロングセラーを続けております。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。